一日一匙のココナッツオイルで美容と健康をキープ!に投稿された画像

ココナッツオイルには体内ですばやく燃焼しやすい成分として、中鎖脂肪酸が全体の約60%の割合で含まれています。中鎖脂肪酸は小腸から門脈を通ってストレートに肝臓に入り、エネルギーとして使用されます。これに対して、オリーブオイルなどの植物油などに含まれる長鎖脂肪酸は小腸から吸収後、リンパ管や静脈から脂肪組織、筋肉、肝臓などに入って使用されたり、貯蔵されます。
このように、中鎖脂肪酸は使用されるまでの経路が長鎖脂肪酸より短いため、長鎖脂肪酸に比べて5倍程度速く分解され、短時間でエネルギーとして利用することができます。また、中鎖脂肪酸はすでに医療現場でも療養中の栄養補給のために、長年にわたって利用されています。また、中鎖脂肪酸はアルツハイマー病の症状の改善にも役立つ、というデータが世界各所からの研究によって示されています。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE

一日一匙のココナッツオイルで美容と健康をキープ!に投稿されている画像

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング