写真を印刷するプリンターを選ぶポイント

カラープリントは基本4色(イエロー、マゼンタ、シアン、ブラック)のインクで再現でき、最近の機種であればこれだけで写真をプリントしても問題ないレベルといえます。

しかし、より美しい写真を求めるなら、5〜6色以上の機種がオススメです。そうした機種ではインクの色数を増やすことで色域を広げ、グラデーションも滑らかに再現できるようにしているからです。

また、インクには染料インクと顔料インクの2種類があり、写真向きプリンターの多くは、発色がよく光沢感に優れた染料インクを採用しています。
染料インクは用紙に浸透するので印刷表面が滑らかで、光沢紙に美しくプリントできます。

一方、顔料インクは用紙に乗せて定着させるので、にじみにくく、文字の印刷に向いていますが、高精細な表現が可能で耐久性にも優れているため、一部の高画質プロ仕様機に採用されています。

用紙サイズは設置スペースにも関係する

インクジェットプリンターを用紙サイズで分けると、A4、A3、A3ノビ、A2の機種があります。
それほど大きくプリントする必要がなければA4の機種でも十分ですが、本格的な作品づくりを目指すなら、A3やA3ノビの機種がオススメです。
A3ノビはA3よりひとまわり大きいサイズで、483mm×329mm。デジタル一眼のアスペクト比(3:2)に近いので、全面でプリントしたときに切り取られる部分がA3より少なくて済みます。

ただし、用紙サイズが大きい機種は本体サイズも大きくなるので、置き場所も考慮して選ぶ必要があるでしょう。

エプソンの写真向きプリンターのオススメ5機種

エプソンには写真用高画質プリンターのカラリオV-editionというシリーズがあり、A3ノビ対応の単機能機EP-50V、A3対応の複合機EP-10VA、A4対応の複合機EP-30VAの3機種がラインナップされています。
インクは基本4色にグレーとレッドを加えた染料6色。レッドで赤の色域を広げ、グレーで階調豊かなモノクロプリントを実現しています。
このシリーズは本体価格が高めに設定されていますが、L判で約12.7円/枚と印刷コストは安価なので、高画質でたくさんプリントしたい人にオススメです。
エプソン カラリオ EP-50V

エプソン カラリオ EP-50V

コピー機能やスキャン機能はない単機能機ですが、A3ノビ対応のプリンターとしては本体サイズがコンパクト。高画質の写真をたくさんプリントする人にオススメの機種です。

エプソン カラリオ EP-10VA

エプソン カラリオ EP-10VA

高画質の写真を大きくプリントするのがメインだけれど、コピー機能やスキャン機能もあれば使いたいというなら、EP-10VAを選ぶといいでしょう。本格的な作品づくりにも活用できます。

エプソン カラリオ EP-30VA

エプソン カラリオ EP-30VA

大きい用紙は使わないけれど、ポストカードなどで写真をたくさんプリントしたい人向きの機種です。コンパクトながらコピー機能やスキャン機能もあるので、多目的に高画質を楽しめます。

エプソン カラリオ EP-881

エプソン カラリオ EP-881

プリント枚数がそれほど多くないのであれば、本体価格を抑えたA4対応の複合機EP-881も選択肢のひとつになります。インクは基本4色にライトシアンとライトマゼンタを加えた染料6色で、淡い色の階調が滑らかに表現できるプリンターです。

本体カラーは白・黒・赤・ツートン(ニュートラルべージュ)の4色があり、コンパクトで置き場所を選びません。プリント枚数は少ないけれど、写真をキレイにプリントしたいという人向きの機種です。

エプソン SC-PX5VⅡ

エプソン SC-PX5VⅡ

最高の写真画質を求める人向けには、A3ノビ対応のSC-PX5Vがオススメ。これは、3種類の黒系インクを含む8色の顔料インクで黒濃度の階調を豊かに表現できるProselectionシリーズの中核機です。顔料インクは光の影響を受けにくく、多彩な用紙にプリントできるので、展示作品を自分で仕上げたい人にもオススメです。

キヤノンの写真向きプリンターのオススメ5機種

キヤノンの写真用プリンターでまずオススメしたいのは、ピクサスPROラインのPRO-100SとPRO-10Sです。

PRO-100Sはグレーとライトグレーを含む染料インク8色、PRO-10Sは3種類の黒系インクと黒濃度を高める透明インクを含む顔料インク10色の機種で、どちらもA3ノビ/半切に対応しています。

プリントに鮮やかな色彩を求めるならPRO-100S、深みのある質感や精緻な描写を求めるなら、PRO-10Sを選ぶといいでしょう。

また、写真画質を重視したA4対応の複合機では、ランニングコストを抑えた5色染料インク+ブラック顔料インクのXK80とXK70がオススメです。

いずれも基本4色にフォトブルーインクを加えることで明度の高い青から白の領域で粒状感を低減し、階調を滑らかに表現できます。

これも5色染料インク+ブラック顔料インクですが、染料インクは基本4色+グレーインクなので、色域の広さや粒状感はXK80やXK70のほうがやや優位といえます。

また、プリント枚数がそれほど多くないなら、本体価格を抑えた従来タイプのTS8230がオススメです。

これも5色染料インク+ブラック顔料インクですが、染料インクは基本4色+グレーインクなので、色域の広さや粒状感はXK80やXK70のほうがやや優位といえます。

なお、3機種ともブラック顔料インクを搭載しているので、細かな文字や罫線などもクッキリ印刷できるのが特長です。

キャノン PIXUS PRO-100S

キャノン PIXUS PRO-100S

こだわりの写真仕上げを目指す人向け。プリントスピードが速いのも特長のひとつで、カタログ表記ではA3ノビ(フチあり)のカラープリントが約1分30秒となっています。

キャノン PIXUS PRO-10S

キャノン PIXUS PRO-10S

これももこだわりの写真仕上げを目指す人向けの機種。染料インクの鮮やかさよりも、質感や奥行き感を精緻に描写したい被写体を多く撮る人には、PRO-10Sがオススメです。

関連するキーワード

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング