過払い金請求とは

貸金業法が改正されるまで利息制限法の上限を超える金利で返済をしていた差分を過払い金として返還するべきだと最高裁判所が認めました。貸金業者に対して払いすぎた金利を計算して請求する行為が「過払い金請求」です。

杉山事務所の口コミ

複数の消費者金融から借金をしてしまい月々の返済が大変苦しくなっていましたが、約100万円を返済し残り150万円までなりました。しかし、この生活がまだ続くと考えるとつらい気持ちになっていました。

そんな時、TVで過払い金請求という言葉を知り、少しでも借金が減るならという思いで実績が豊富な杉山事務所へ相談しました。

対応してくれた司法書士の先生も親切で、相談した段階ですべての借金が0になる事や過払い金が現金として戻ってくる可能性があることを教えていただきました。

司法書士法人杉山事務所に依頼した結果、150万円の借金は0になり、過払い金が30万円も返ってきました。 まだまだ続くと思っていた借金生活から脱出することができたので、杉山事務所に依頼して本当によかったです。
過去に、複数の貸金業者から借金をしていて返済がきつくなってきたので、過払い金請求をしようと思いネットで法律事務所を探したところ、杉山事務所が評判がよかったのでそこに相談してみました。

相談は何度でも無料で、完全成功報酬型となっていたため持ち出すお金がなく安心して相談できました。対応してくれた司法書士の先生も親切で、相談した段階ですべての借金が0になる事や過払い金が発生する可能性があることを教えていただきました。

結果、すべての借金が0になり、さらに手元にも数十万円の過払い金が戻ってきました。杉山事務所には本当に感謝しています。
「相談しただけなのに営業がしつこい!」「対応が適当で最悪だった」など、気になる悪い口コミもありませんでした。ただし、全く悪評がないかというと、そんなことはありません。

目立ったのは「対応が遅い」「貸金業者と和解するまでに時間が掛かった」「返還率が悪かった」という内容です。

まず、「返還率が悪かった」とありますが、これは個々のケースによって違います。悪評ではあるものの、この噂だけをみて判断することはできません。ただし、任意整理を得意とする弁護士に依頼した方が、返還率が良かった可能性は否定できないものです。

ですから、司法書士法人杉山事務所を含むいくつかの司法書士、弁護士に相談して依頼先を決めるしかないといえます。最も注目したいのは、「対応が遅い」「貸金業者と和解するまでに時間が掛かった」の2点です。

杉山事務所は月3000件以上もの相談実績があることから、問い合わせが殺到すると、対応が遅くなってしまうのかもしれません。

また、貸金業者と和解するまでに時間が掛かったという悪評については、そもそも案件が難しい内容だったのか、貸金業者が渋って和解までに時間が掛かったのか、杉山事務所の対応が遅かったのかまではわかりませんでした。

ここで押さえておきたいのは、受任契約をした時点で借金の督促は止まること、法外な金利によって借金の金額が増えることはないことの2点です。つまり、杉山事務所の対応が遅かったからといって、依頼者が不利になることはありません。

ただし、「どこまで話が進んでいるんだろう」「結局、どのくらい借金は減るんだろう」といったように、不安や疑問を感じてしまうことはあると思います。

ですから、上記2点の悪評が気になるのであれば、事前に「進捗状況をこまめに教えて欲しい」「対応が完了するのはいつ頃になるのか」など、細かなところまで確認しておいた方が良さそうです。

関連するキーワード

mizumiya

これまでたくさんの借金のお悩みを解決してきました。
その経験をもとに、みなさんにわかりやすいように過払い金請求と債務整理についてお伝えしていますので、借金にお困りの方はご覧ください。

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング