過払い金請求とは

過払い金とは、本来払わなくてもよかったのに払い過ぎてしまった利息のことです。「利息制限法」と「出資法」という2種類の貸金業者を取り締まる法律の上限金利が異なることが原因で発生しました。

平成22年6月18日に貸金業法が完全施行されるまで出資法では、上限金利が29.2%と非常に高く、出資法の上限金利である29.2%を超えなければ「5年以下の懲役もしくは1,000万円以下の罰金」という罰も受けずに済んでいました。

利息制限法の上限金利は借入額が10万円未満は20%以下、10万円以上100万円未満は18%以下、100万円以上は15%以下となっています。貸金業者は本来であれば、利息制限法の上限金利を基準に金利を設定しなければいけないところを、罰則がなかったために出資法の上限金利を基準としていたのです。

この利息制限法の上限金利と出資法の上限金利の差は「グレーゾーン金利」とよばれています。出資法はもともと、法外な金利でお金を貸すサラ金業者を取り締まるための法律です。そのため、貸金業者は本来、利息制限法に従ってお金を貸さなくてはなりません。

しかし、実際には上限金利が高い出資法に従ってお金を貸す業者が大半だったため、貸金業法が改正されるまで利息制限法の上限を超える金利で返済をしていた差分を過払い金として返還するべきだと最高裁判所が認めました。貸金業者に対して払いすぎた金利を計算して請求する行為が「過払い金請求」です。

過払い金請求の口コミ

23年前、私はどうしても結婚したかった現在の妻に婚約指輪を買うため、カードで借金しました。

最初30万円だった借金は、たちまち300万円まで膨れ上がり、借りている貸金業者もアコム、プロミス、アイフル、レイクと多くなってしまいました。

妻に内緒でしたが、返済に行き詰まり最終的に妻に告白して、夫婦二人で力を合わせてなんとか完済することができました。

妻から過払い金のことを聞き、ダメもとで無料診断ダイヤルに電話をしました。

その結果、100万円を超える現金が戻り驚きです。

妻にもこの件を報告しましたが、大変喜んでいました。

娘が独立して、少しほっとしていた時に思いがけない臨時ボーナスをもらえたと感じています。
「払い過ぎた利息を取り戻せると知り、過払い金返還請求をすることに。
ラジオに出演されていた前田先生のお話を聞いて、しっかり取り返してくれる頼りがいのある先生に思えましたのでこちらの事務所に依頼しました。結果、予想していた以上のお金が戻って来たので、とても満足しています。」
mizumiya

これまでたくさんの借金のお悩みを解決してきました。
その経験をもとに、みなさんにわかりやすいように過払い金請求と債務整理についてお伝えしていますので、借金にお困りの方はご覧ください。

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング