「債務整理」は最も安全な借金解決方法

借金が返せなくなったときには、専門家に「債務整理」を依頼することが最も安全といえます。

自己破産などの債務整理は、法律で認められている手続きなので、確実に借金を解決することができるからです。

債務整理は、借金している人自身で行うことも不可能ではありません。

しかし、自分の借金の状況に最もふさわしい手続きを選択する、債権者ときちんと交渉をする、裁判所に提出する書類を間違えずに作成するためには、弁護士などの専門家に依頼した方がより安全で確実といえます。

債務整理の種類

債務整理は,借金返済・多重債務問題を解決するための法的解決方法の総称です。債務整理の方法としては,具体的には「任意整理」「自己破産」「個人再生」などがあります。

任意整理とは,弁護士が債権者と裁判外で交渉し,生活を立て直せるような返済計画に変更してもらうという手続です。

これに対して,自己破産と個人再生は,裁判手続です。

自己破産は,自由財産と呼ばれる財産を除く財産を換価処分して債権者に配当し,それでも支払い切れない債務の支払い義務を免責してもらうという裁判手続です。

個人再生は,債務全額まで免責されませんが,借金を最大で10分の1にまで減額した上で,3年から5年の分割払いにする再生計画を立案し,それを裁判所に認可してもらうという裁判手続です。

利息制限法の制限利率を超える利息を支払い続けていた場合,払い過ぎた分を「過払金」として返還してもらえることがあります。これも,債務整理の一種と言えるかもしれません。

これらの他にも,事情によっては,消滅時効の援用や相続の放棄・限定承認などによって債務整理をすることもあります。

任意整理

任整整理は債務整理の中でも裁判所を通さない唯一の手続きで、比較的かんたんに行うことができて他の債務整理より費用も安いので、債務整理の中で最も多く手続きされています。

任意整理をおこなうと利息を減らしたり利息をゼロにすることで、借り入れの総額を減らして毎月の返済額を減らすことが可能です。

それでも毎月の返済が苦しいなら、返済期間を3~5年程度に延ばすことによって毎月の返済額をさらに減らすことができます。もし督促が来ているなら、督促を止めて借り入れを滞納した日数に応じて支払う遅延損害金もゼロにすることも可能です。

さらに、任意整理では払いすぎた利息である過払い金があるかも確認しますので、過払い金があれば、借り入れをさらに減らすか借り入れをゼロにできて、過払い金の方が借り入れより多いなら、過払い金を現金として手元に取り戻すことができます。

特定調停

特定調停とは、借金の返済が滞りつつある債務者の申立により、簡易裁判所が、その債務者(借主)と債権者(貸主)との話し合いを仲裁し、返済条件の軽減等の合意が成立するよう働きかけ、債務者が借金を整理して生活を立て直せるよう支援する制度です。

特定調停では、任意整理と同様に、債権者からこれまでの取引履歴を開示してもらい、借金をした当初にさかのぼって利息制限法の上限金利(15~20%)による引き直し計算をします。引き直し計算によって減額された元本をもとに分割して返済していくことになります。

ただし、債権者の中には特定調停に対して必ずしも協力的でない対応をする者もあり、また、簡易裁判所ごとに調停基準にばらつきが生じているため、任意整理では原則としてカットされる調停成立までの期間の遅延損害金や調停成立後の利息(将来利息)を支払わなければならない場合があります。

個人再生

個人再生手続とは,借金などの返済ができなくなった人が,全債権者に対する返済総額を少なくし,その少なくなった後の金額を原則3年間で分割して返済する再生計画を立て,債権者の意見を聞いたうえで裁判所が認めれば,その計画どおりの返済をすることによって,残りの債務(養育費・税金など一部の債務を除く)などが免除されるという手続です。

自己破産

自己破産とは、分かりやすく説明をすると借金などの返済が経済的に困難になった方が、裁判所の手を借りて負債を免除してもらう手続きのことを言います。

破産法で免責手続きが定められているので、裁判所を利用して免責許可決定を得られれば、保有する財産の精算が必要ですが現在抱えている借金を帳消しにして返済の義務から免れる事が可能です。

関連するキーワード

mizumiya

これまでたくさんの借金のお悩みを解決してきました。
その経験をもとに、みなさんにわかりやすいように過払い金請求と債務整理についてお伝えしていますので、借金にお困りの方はご覧ください。

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング