特に、生活習慣病、うつ病、摂食障害、がんと4つの症状が併発しやすいです。

こうした合併症は死亡のリスクを高める結果になります。心当たりのある方はすぐに改善するように努力しましょう。

アルコールは適度に!飲酒を制限する方法とは

何事もほどほどにという言葉があるように、飲酒も適度に飲むのが一番です。

まずは適量について理解しておく

適量には個人差があり、同じ人であってもその日の状態によって酔い具合が異なるため、一概にいうことはできません。厚生労働省が推進する国民健康づくり運動「健康日本21」によると、「節度ある適度な飲酒」は1日平均純アルコールにして約20g程度であるとされています。このくらいの量であれば、ほどよくお酒を楽しめるというわけです。

アルコール約20グラムというと、ビールで500ml、日本1合、缶チューハイ1.5缶分に該当します。

お酒を多く飲む人にとっては物足りないかもしれませんが、これが適量なのです。

アルコール以外の飲料水を多く摂取する

0カロリーのコーラや炭酸飲料を大量に飲むと、水分自体を体に入れたくなくなります。

また、はからずも飲んでしまって炭水化物がほしくなった場合はうどんスープをどんぶりいっぱい飲んでしまう・・・

おなかが張って何もほしくなくなります。

人間の身体は多くの水分を摂取すると、それ以上に水分を欲しがりません。

事前にアルコール以外の飲料水を飲んでおけば、必然的にアルコールを断つことになります。

ただ、清涼飲料水は糖質が多く含まれているので、なるべくお茶か水の方がいいでしょう。

病院でアルコール依存症の治療を受ける

アルコール依存症の根幹となる治療が、心理社会的治療です。心理社会的治療は、患者さんの断酒しようとする気持ちを維持して支えるために、お酒を飲まない習慣を身に付けること、良好な人間関係を構築・維持していくこと、社会生活上のストレスに打ち勝つことを目的に行われます。

どうしてもアルコールがやめられないという方の最終手段が病院での治療です。

病院では医師が計画的に改善してくれるので、精神的・身体的負担は少ないです。

アルコールは飲み過ぎないことが一番!普段の生活を見直そう

アルコールの飲み過ぎは自分自身の健康に害を及ぼすものです。

一時的な誘惑で今後の生活を台無しにしてしまわないためにも、アルコールは適度に摂取するようにしてください。

もし、誘惑に負けてしまいそうであれば、先ほど言ったように病院での治療をオススメします。

関連するまとめ

「期間限定」の髪色はもう終わり!効果的にヘアカラーをキープさせる方法

自分好みの色にヘアカラーしたら当然気分は上がります。でもそのカラーは「期間限定」になっていませんか?どうせ染…

rbkg

『現役セラピスト』がお伝え!リラクゼーション店で失敗しない方法3選!

疲れが溜まったときやストレスが溜まったときなど、リラクゼーション店を利用する方は多いと思います。 せっかく行…

ボニー

絶対お試しあれ!気持ちいい頭皮クレンジングブラシ

頭皮クレンジングには詰まった脂を取り除きとてもすっきり気持ちのいいものです。 この機会にぜひお試しください!

オトコのミカタ

関連するキーワード

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング