マイナスイオンにはどんな効果があるの?

化粧品、ネックレス、ブレスレット、ドライヤー、などマイナスイオンを取り入れている商品はたくさんあります。
いわゆるマイナスイオン商品にはどんな効果があるのでしょう?

マイナスイオンとは目に見えない細かい水を含んだ電子の粒の名称のことで、このマイナスイオンを体内に取り込むことで疲労回復やリフレッシュ効果、ストレス軽減効果などが得られると言われています。
マイナスイオンを発生するのは、白い石です。
パール色で、綺麗な艶感があります(*^_^*)

ジュエリー感がアップして、とても綺麗です!

ちなみに、

血流改善、冷え性対策法、凝りや痛みの軽減、バランス向上、美肌効果、ストレス解消、安眠効果、免疫力アップ

など、アンチエイジングのすべてにいいらしいです。
※効果の実感には個人差があります。
ドライヤーの中でも世間一般に非常に人気が広がっているドライヤーといえば、マイナスイオンドライヤーが挙げられます。

一般のドライヤーとは違い、髪に良いとされるマイナスイオンを髪に浸透させることで、髪の保水率をアップする働きがあります。

また、静電気を抑え、髪をしなやかな状態にすると、女性を中心に人気が広がっています。
お風呂の中で本を読みたい人や長時間入りたい人は、ミストをつけることで快適な時間を過ごせます。しっかり潤いを浴びて肌の保湿機能を高めたい美容目的や、冷え性の改善にも利用してください。

血行改善や保湿、免疫力UPなどマイナスイオンには色んな効果があるようです。
しかし、実はこれらの効果は科学的な根拠がないんです。

科学的に根拠なし?マイナスイオンの真実

マイナスイオンが流行りだしたのは1990年台。あるTV番組の特集が原因だと言われています。

マイナスイオンとは、「空気中の原子や分子が、電子を得てマイナスに帯電したもの」であると説明されます。

しかし、マイナスイオンはテレビや企業によって作られた言葉だったんです。

・「マイナスイオン」の定義は多義的ながら一応存在する。
・科学的に規定された用語ではなく,いわゆる Japanese English である。
・健康効果をうたった数々の商品展開に多くの企業が関わる儲け話のタネ。 トルマリン,チタン,ゲルマニウム,遠赤外線など,他のニセ科学アイテムとも組み合わされている。

科学的用語である陰イオンとマイナスイオンを一緒にする人が多いと思いますが、実はこれはイコールではありません。
先程の言ったように、マイナスイオンはマスコミや企業が儲けるために作られた商業用語だったんです。

しかし、現在マイナスイオンが健康に良い影響を及ぼすという科学的根拠はありません。科学的根拠を示している方もいますが、まだ多くの方が合意しているような科学的根拠はありません。科学的な理由はよくわからなくても、医学的にマイナスイオンが与える影響について証明されていれば、マイナスイオンの効果はまだ期待できますが、医学的根拠も無いのが現状です。

マイナスイオンには科学的根拠、医学的根拠はありません。
「マイナスイオン商品で効果を感じた!」という人はいるかも知れませんが、それはただの気の所為か、または他の要因によるものだと思います。

※ これから科学・医学的根拠が見つかるかも?

マイナスイオンには根拠がないと言いましたが、絶対に効果はないと実証されているわけではないんです。

「マイナスイオンは、ひょっとすると効果があるかもしれない。しかし現段階では、その効果を裏付ける科学的根拠が存在しない。」というのが結論です。

一応研究自体は行われているため、疑似科学やニセ科学という表現は用いるべきではないでしょう。

もしかしたら、「マイナスイオンは本当に体に良かった!」というニュースがこれから出てきてもおかしくありません。
これからの研究に期待しましょう。

マイナスイオンの効果有無は現時点で不明

マイナスイオンの効果と根拠について簡単に説明しましたが、いかがだったでしょうか?
一般的に紹介されているような保湿や血行促進、リラックス効果には、今のところ科学的根拠はありません。
しかし、マイナスイオンの研究はまだ続いています。これから先、効果が実証される日が来るかもしれないです。
マイナスイオン商品と買う時は、マイナスイオンはおまけ程度に考えておきましょう。

関連するまとめ

ニッポン警察史上“最速覆面パトカー”の正体は「スーパーチャージャー搭載360馬力の本…

「260kmまでついてこられた」なんてツイートされるほど速い、速すぎる交通覆面パトカーが東京に登場した!

始発に飛び込むとは…高崎線 熊谷駅〜籠原駅間で貨物列車による人身事故

熊谷~籠原駅間で発生した人身事故の影響で、高崎線は運転を見合わせていましたが、06:29頃、運転を再開しまし…

re-five

関連するキーワード

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング