科学的にも効果が実証されている⁉アルコールで英会話能力アップ

お酒を飲むと気分がよくなる人も多いですよね。

そして、お酒には英会話能力をアップさせる効果もあるといわれています。科学的にも効果が実証されているらしいですよ。

お酒の効果

英語(外国語)を学習中という人の中にもお酒好きは少なくないだろう。

世界に冠たる日本酒のウンチクを英語で紹介できれば何かと観光客にも喜んでもらえそうだ。

そして実際のところ、お酒で外国語の会話能力が向上するらしいという、お酒好きに嬉しい研究が報告されている。
研究員たちは、50人のドイツ人を、アルコールを摂取するグループとそうでない方に分けました。そして、被験者にはオランダ語を喋ってもらい、その内容をオランダ人に評価してもらったようです。

その結果は、アルコールを飲んでいた方が「外国語」を流暢に話していたとのこと。

ちなみに、明らかに向上していたのは発音のスキルなのだとか。

お酒を飲んでいる人と飲んでいない人で比較した結果、前者の方が外国語の能力が高まるようです。

特に、外国語の発音が良くなるようなので、スピーキングが苦手な人には嬉しい情報でしょう。

お酒を飲むと恥ずかしくなくなる

英語学習中に不安があると情意フィルターが上がってしまい、効率的な学習が難しくなります。

しかし、お酒を飲めば自然と気持ちがリラックスできて情意フィルターが取り除かれ、積極的に英語が話せるようになるのです。

つまり、お酒は「恥ずかしい」「間違えるかもしれない」といったネガティブな感情を抑制し、麻痺させてくれるということです。

お酒を使った英語学習の方法はとってもシンプル!ただ外国人に喋りかけるだけなんです。

お酒が入ると気分がリラックスし、話しかけやすくなります。あとは流れに任せておしゃべりを楽しんでおけば、自然と英会話能力がアップするでしょう。

英語学習の苦手克服に役立つ

最近はスキルアップのために、英会話教室に通うサラリーマンが増えています。

それぞれのスクールによって料金や特長が違うので教室選びではしっかりチェック

シェーン英会話

注目ポイント
・講師は英語指導の国際資格を持ったネイティブを採用。

しかし、「英会話教室に通っているのに、発音が良くならない・・・」そんな悩みを抱えている人もいるのです。

わざわざ英会話教室に通わなくても、お酒を飲んで外国の人と英語で話すだけで英会話が上達します!

【飲んで喋るだけ】お酒を使ったシンプルな英会話学習の方法を紹介!

「お酒を使った英会話学習って、どうやるの?」と疑問に思っている人もいるはずです。

勉強方法ということではなくただお酒を飲んで英語で喋るだけです。

とにかく喋る

今までは個人の感覚でしか語れなかった”スピーキングの勉強方法”の効果が、ヨーロッパの研究によって証明されました。
おかげで、わざわざ英会話教室に通う必要もなくなるでしょう。

「お酒を飲んで、喋る」
以上!
最近では「外国のビールを専門的に揃えているバー」「外国人経営のパブ」なども展開されているので、外国人が多く集まりそうなお店に通ってみましょう。

初めは緊張して上手く話すことができなくても、そこはお酒の力を利用して乗り越えられるはず。

特にシャイな日本人にはぴったりな方法といえるでしょう。

お酒を飲んで英語を喋っても、相手に伝わるか不安ですよね?

ですが、簡単な英語でも相手に通じることがあります。それは、お酒を飲むことで声が大きくなるからです。

舌を噛んだり丸めたり、のどの奥で音を作ったりと、そもそもが聞き取りにくい言葉なのです。なので、大きな声で話さないと聞こえない言葉なのです。しかし、恥ずかしがり屋で間違いを恐れる日本人にとっては、大きな声を出さなければいけない、という点で実は難しい言語なんです、英語は。しかし、お酒を飲むことによって気持ちが大きくなり、声もでかくなり日本人が英語を話すための最大の障害が自然になくなってしまうわけです。

大切なのは相手に自分の英語が伝わるのかよりも、大きな声で相手に話しかけるということです。

お酒の力で緊張や不安を取り除いて、普段よりも大きな声で英語を話すことが英会話が上達するための近道です。

お酒だけに頼っちゃダメ!前もって予習復習が肝心

お酒の力で英会話能力がアップするのは事実といえます。

しかし、この学習方法には一つ気を付けておきたいことがあるのです。それは、「最低限の英語ができないと意味がない」ということ。

ここで、注意点!

ただ単にお酒をんで会話をすれば上達すると言う訳ではないと言うこと。

それだけで、上達するならば誰も英語上達に苦労しませんw

そこで欠かせないのが、「インプット」です。

つまり、最低限は英語を勉強する必要があると言うことですね。
お酒で英会話が上達するには2つの条件があります。

1つはしっかりインプット学習を普段から行っている事。
もう1つは酔い加減を見極める事です。

1つ目のインプット学習は普段からお伝えしている通りですが、酔い加減というのは個人差があるので自分がお酒を飲んでいる時の状態を知る必要があります。

そもそも、会話に必要な英語を知っていないと、話しかけることができません。

お酒を使った英語学習法は、基礎となる知識を身に付けることで効果を発揮するのです。お酒を飲む前に予習復習を行い、実際に外国人と話すときにお酒を飲んで、習ったことが実際に通じるのか試すようにしましょう。

また、酔っ払いすぎると勉強どころではないですから、飲み過ぎには気をつけてください。

お酒を上手く活用して外国人と話そう!

関連するキーワード

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング