自力で現金化をやろうというのであれば、高額な商品として有名なブランド品を転売するというような方法が考えられます。ブランド品であればコレクターがたくさんいますので、貴重なものだということであればかなり高く買い取ってもらえて、換金率が100%を超えるということも可能性としてはあります。いざやってみるとどういう難しさがあるのでしょうか。

高く買い取ってもらえるものを探す必要がある
ブランド品の目利きができない人に取って、どういうものが高いのかと言うことが分からないということがあり得ます。どういうものが高いのかという情報を常に獲得しなければ、なかなか高換金率と言うわけにはいかないでしょう。人気商品を見極めるということが根本的に難しいですし、本当の意味で人気商品であればなかなか手に入れることも難しいはずです。希少価値があるからこそ100%を超える換金率になっているにもかかわらず、そんなに都合よくそういうものが出てくるわけがないです。

買取業者のホームページを見たらこういうブランドのこういう型が○○万円で買い取ってくれるという情報が手に入りますので、これを手に入れたらいいわけですが、なかなか手に入れることは難しいです。オークションやなんやらで手に入れようとするわけですが、そういうものにかかったコストが相当にかかるでしょう。そうなるとコストをかけた分の見返りがあるのかどうかを見極める必要が出てくるでしょう。

偽物をつかまされるという可能性がある
せっかくブランドバックをネットショップで見つけたということで、クレジットカードで購入したところ、偽物だということになるとかなりがっかりするのではないでしょうか。偽物を手に入れた時には当然ながらブランド品を転売することはできませんし、現金が手に入りませんから、結果的にクレジットカード現金化ができないわけです。偽物をつかまされても何一つ得することはないです。

偽物を購入したからと言って、返品を受け付けてくれるというわけでもないですし、購入した業者との連絡がつかないというトラブルが起きてしまいます。結果的にブランドバックを支払うだけで損をしてしまったということにもなりかねません。偽物を売っているショップは意外とありますので、購入する際にはきちんと目利きをしながら行うことが重要になります。偽物のブランド品を買いと言うことだけは絶対にやらないようにしないといけません。

関連するキーワード

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング