クレジットカードにはグレードが高いカードの一つとしてゴールドカードがあります。ゴールドカードと言えばスタータスが高い人が持てるカードと言うイメージがあります。ゴールドカードは誰でも作ることができるカードではなく、年収や職業などの審査を潜り抜けないと持つことができません。一般のクレジットカードとゴールドカードとでクレジットカード現金化に違いが出てくるのかどうかについて紹介します。

ゴールドカードはどういう特典があるものなのか?
ゴールドカードはクレジットカードの中でもステータスがあるカードとして知られており、通常の審査よりも厳しくなります。ゴールドカードと言えば年会費がかかるものが多いのですが、年会費を払ってまでも加入したいと思わせるものがあるわけです。

当然よくクレジットカードを使う人たちでそれなりの審査をパスしているはずですので、ショッピング枠やキャッシング枠に余裕があるのは言うまでもありません。ポイントにしても通常のクレジットカードに比べてよく貯まることもあるでしょう。

特典としては付帯している保険内容が豊富だということがあります。海外旅行傷害保険がついているクレジットカードは珍しくありませんが、その他にもショッピング保険や航空機遅延保険などもついていたりします。こういうカードを所持している人は海外旅行やショッピングをする機会が多いでしょうから、そのための特典が豊富にあります。

クレジットカード現金化においては違いがない
ゴールドカードを所持している人であっても、クレジットカード現金化を利用してみたいと思うこともあるのではないでしょうか。キャッシング枠もそれなりに空いているでしょうから、それを使うというのでも全然構わないわけですが、ショッピング枠で何とかしたいという風に思う人もいるでしょう。そういう時にクレジットカード現金化が利用すればいいわけです。

ゴールドカードであってもショッピング枠に余裕があって、自分名義のクレジットカードであればクレジットカード現金化を利用することは可能です。ゴールドカードだからと言って現金化において違いがあるというわけではないでしょう。ただ、ゴールドカードはショッピング枠が大きいでしょうから、利用額が大きければその分だけ換金率が高い状態で利用できる可能性が高いです。

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング