クレジットカード現金化は、確かにメリットはたくさんありますし、魅力に関する部分も多いです。しかし一方で、デメリットがあることも事実ですから、それをしっかりと把握した上で利用しなければなりません。

カード会社に知られるリスクがある

あまりに頻繁に現金化を利用したり、高額申し込みを何度も行ったりすれば、カード会社に怪しいと思われてしまうかもしれません。そして、もし現金化を利用していると判断されれば、カードの利用停止処分になってしまいかねないのです。したがって、あくまでも必要な時に、必要な金額だけ申し込むようにしましょう。

少額だとキャッシングの方が目減りは少ない
基本的にクレジットカード現金化の換金率は、金額が大きくなればなるほどアップしていきます。逆に言えば、少額だと換金率はかなり下がってしまうので、その場合はキャッシングの方が目減りは少ないのです。そのため、現金化でなければいけない事情がある人を除いては、金額によってキャッシングと現金化を上手く使い分けた方がいいでしょう。

簡単に借りられるのが逆に怖いところでもある
クレジットカード現金化は、収入が一切ない無職であっても、クレジットカードさえあれば簡単にお金を借りることができます。しかし、それが逆に怖いところでもありますし、何も考えずにどんどん利用してしまうことで、返済に苦しんでしまう可能性もあるのです。上手に活用できれば便利な現金化ですが、使い方を間違えれば窮地に陥りかねないのです。

これらのデメリットは自分で防ぐことができる
もっとも、上記のようなデメリットは自分次第でいくらでも防ぐことができます。だからこそ、しっかりと長所も短所も把握した上で、正しく利用していくことが求められるのです。

関連するキーワード

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング