クレジットカードを現金化してくれる業者に申込む際には、換金率の確認をしておく必要があります。やはり利用する側としては、少しでも換金率は高い方がいいでしょうが、注意しなければいけない点もあるのです。

換金率の相場は概ね80%前後

カード現金化の換金率は、もちろん業者によっても違ってきますし、申し込みプランによっても大きく左右されますが、相場としては概ね80%前後となっています。基本的に、借り入れる金額が大きいほど換金率は高くなり、キャンペーンなども活用すれば90%近くになることもあります。

ただ、逆に言えばそれ以上の換金率になることはまずないので、もし業者のホームページに「換金率95%以上」などと記載されていれば、まずそれはあり得ないと思った方がいいでしょう。

表記されている換金率とは限らないので注意

業者が記載している換金率が、例えば90%と表記されていたとしても、それが純粋な換金率とは限らないので注意が必要です。そこから手数料などを差し引かれて、実際の換金率は70%ほどしかないというパターンも多いのです。また、同じ業者でも時期によって換金率が変動することもあるので、以前一度申し込んだ時と同じだけの還元を受けられるとは限らないのです。

重視すべきは換金率よりも優良業者かどうか

現金化業者を選ぶ際には、換金率よりも優良業者かどうかを第一に考えて探すようにしましょう。結局、安心して利用できる業者であれば、それなりに換金率の方もいいですから、目先の利益に惑わされてはいけないのです。信頼できる業者の中から、少しでも換金率の高いところを選んでいけばいいのです。

関連するキーワード

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング