カードローンで借りたお金は、基本的に利用目的は自由です。
しかしお金の使用目的によっては審査に落とされることも少なくありません。
カードローンはお金がピンチのときの強い味方。
審査に落ちないためにも、通りやすい利用目的にしておくのが良いでしょう。

カードローンの審査で通りやすい利用目的はあるのか、わかりやすくご説明していきたいと思います。

なぜ利用目的を書く欄があるのか

カードローンやキャッシングに限らず、お金を貸す際に一番気になるのが「お金を借りる理由」です。
正当な理由であれば、多少経済的に苦しそうな人にもお金を貸す気にはなりますが、納得できない理由であれば、友人であってもお金を貸すのには躊躇してしまいます。
また、過去の顧客から採った統計的なデータからも、利用目的に応じて返済率が変動することが分かっています。
そのため、カードローンの審査では返済能力だけでなく、返済意思を調べることができる利用目的も重要視しているのです。

利用目的を聞くことで、その人の返済能力や返済意思までも調べていたのですね。

審査に通りやすい利用目的とは

・急に現金が必要になった
急な入院でまとまった現金が必要になった、冠婚葬祭などが重なった、会社の歓送迎会が重なったなどの理由で、まとまった現金が必要になったときに利用されています。
・お買い物
現金でしか代金を支払うことができない、クレジットカードのリボ払いや分割払いを避けたいなどの理由があるときに利用されています。

出典:JCBカード

冠婚葬祭や車・バイクの購入など一時的にお金が必要であり、返済の見込みが立つ理由が多いみたいです。

不利になる利用目的とは

カードローン審査では、不利になる利用目的が確実に存在します。

・ギャンブル
・FX利用
・株
・仮想通貨購入
・生活費の補填(ほてん)
・借金返済のために借りる

その他にも、個人のカードローンでは事業資金での借入れを不可としているところが多くあります。
気をつけましょう。

「なんでだよ!カードローンの利用目的は自由だろ?」

「カードローン会社は顧客の信用を元にお金を貸しとるんじゃ。信用にたる理由でなければ貸してくれないのじゃよ。」

信用が第一ということですね。

利用目的・用途の嘘がばれるとどうなる?

申し込みの際についた嘘がバレてしまうと、返済期限を待たずに全額一括返済を要求される、利用停止になるなどの罰が待っています。

こうなってしまうと、その事実は信用情報機関に記録が残ってしまうので、その後のカードローンやクレジットカードの作成にも不利になります。

嘘の申告が「悪質な詐欺行為」とみなされると最悪の場合、訴訟になることもあります。

その全ては記録が残り、その後の借入れにも響いてしまう。借りる側の誠意も必要ですね。

目的未定でも審査に通ることがある

筆者が銀行員時代には、利用目的欄を「未定」と記入した顧客が希望金額通りの審査に通過したということがありました。

カードローンは融資実行後に融資金の動きを追わないローンであり、返済できるかどうかという部分での審査になるためですね。

まとめ:下手な嘘はつかずに審査に通るような利用目的を

まして借入理由の嘘は後追い調査ができませんので、借りたお金で何に使ったのか金融機関は知ることができません。

生活費としてお金を借りて事業資金に使ってしまった場合でも、バレしまうことはまずありません。

まずはお金を借りるためにこちらの誠意を見せましょう。

信用情報は全く問題ないのに、利用目的でミスをしてしまうとあっさり審査に落ちてしまうことも少なくありません。
それはもったいない話です。

そんなことのないようにしっかりと審査に通る利用目的を書きましょう。

関連するキーワード

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング