消費者金融から夜逃げして成功した人はたくさんいます。

大手消費者金融になると夜逃げの成功確率はぐんと減りますが、中小消費者金融だと意外にも夜逃げによって借金返済から逃れられることも多くなると言います。

ここでは夜逃げのメリットやデメリットなどについて調べてみました。

夜逃げとは

夜逃げ(よにげ)とは、夜中にこっそり逃げるように引越しを行うことである。

多くの一般的な「引越し」とは異なり、引越し先や引っ越すこと自体を周囲には公表せずに行う。

その大半は、多重債務に陥った者が「借金が払えない」・「家賃が払えない」といった理由で、債権者の取立てから逃れるために行うものである。

その他にも様々な社会的な事情が背景に絡んでいることもある。

出典:Wikipedia

夜逃げと言っても白昼堂々行われることもある。
最低限の物だけを持って行く人や家財道具一式を持っていく人など逃げ方も色々あります。

夜逃げのメリット

・いま抱えている借金が帳消しとなる(消滅時効によって返済義務がなくなる)

実際に費者金融からお金を借りて夜逃げが成功していたのは、まさに消費者金融全盛の時代と言われる1990年頃までの話のようです。

夜逃げのデメリット

・再出発ができるほど甘くはない
・夜逃げをしても借金の時効が成立しない可能性がある
・様々な権利を失う
・メンタルがもたない

逃げた先での住民登録ができなかったり、人とのつながりも切れてしまうため、たとえ逃げたところでその後の生活がキツそうです。

夜逃げは成功しない時代になっている

近年は、追い込みや取り立ては制限されています。
ですからまともな業者であれば、余程でなければ取り立てはしません。
以前なら、時間や場所に関係なく取り立ては可能でした。
これを制限する法律がなかったからです。
しかし貸金業法が改正されて、追い込み・取り立ては制限されることになりました。
夜逃げすること自体は誰にでもできますが、やり続けることはほとんどできません。

当然ですよね。
社会の中で生きている人間ですから、どこかしらでつながりはあるものです。
それらのつながりを全部断ち切って逃げるなんてそんな簡単な話ではありません。
どこかでつながりがあって、そこから足がつくケースがあります。

また、本当に夜逃げしようと思うなら住所も移せませんからね。

出典:MEN-ZINE

現代社会で生きる私達は、どこかで必ず何かとつながっているということですよね。

まとめ:夜逃げするくらいなら債務整理をした方がいい

借金を夜逃げでリセットするのは非常にリスクが高いといえます。

そのため、困ったら夜逃げをする前に、弁護士や司法書士などを探すか、国や自治体が設けている専用窓口に相談することがおすすめです。

国が運営する法テラスや消費者相談センターなどに相談への相談は無料で受け付けており、必要に応じで専門家の紹介も行っています。

夜逃げをしなければならないくらいに消費者金融の借金が多く膨れ上がってしまったら、いっそ債務整理をした方がラクですね。

まるで逃亡犯のように各地を転々と逃げ回る生活をするよりも、正々堂々と弁護士や司法書士に依頼して債務整理した方がよほど費用がかかりません。

夜逃げをすれば引っ越すたびにお金がかかりますが、債務整理をしてしまえばかかる費用は一回のみです。

それに住み慣れた土地、勤務していた会社を捨ててまで逃げる価値はないと言えるでしょう。

子供が学校に通っていればなおさらですよね。

きちんと債務整理をした方が夜逃げして行方不明となるよりもよほど現実的な話でしょう。

関連するまとめ

オムツや粉ミルクまで!? 中国人の爆買いは終わっていない!? 業界別「爆買い終了」の…

テレビや新聞で連日、伝えられる爆買いの収束。しかし、中国人観光客の数は減っておらず、実態は少し違うようだ。そ…

自己破産したくないときは個人再生で借金問題解決!

借金返済に困ったときに解決出来るのが自己破産ですが自宅は失ってしまいます。 どうしても自宅を失うと困ると言う…

ハムスター

【炎上】極悪すぎ! 予約客70人が報告なしのバックレ! 居酒屋がツイッターで悲鳴「貸…

千葉県千葉市の居酒屋「それゆけ鮭ヤロー 西千葉店」に、とんでもない災難が降りかかった。予約客70人が来店しな…

関連するキーワード

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング