クレジットカードのキャッシング、それに手軽に始める事ができるカードローン、会社が傾いて住宅ローンが払えない。など、知らない間に借金が重なって首が回らない!自己破産すれば良いといいますが、本当にちゃらになるの?デメリットがあるのか?まとめています。

自己破産とは?どうやって借金をチャラにするの?

自己破産(じこはさん)とは、裁判所に破産申立書を提出し、免責許可をもらうことで借金を免除してもらうための手続きのことをいいます。つまり、裁判所が申し立てた人の収入や借金の額を考慮し「この人は支払い不能状態である」と判断した場合、返済が免除される手続きです。

でもこれはあくまでも手続き、お金が払えないので破産しますと宣言した状態。実際に借金がチャラになるわけではなく、債権者に対して免責という手続きが必要です。

自己破産の申し立ての後、裁判官が申立人(債務者)から話を聞き申込者が支払い能力がないと認められると、晴れてそれまでの借金の返済がなくなります。

自己破産の宣告が認められないケース

裁判所で認められば借金が無くなると、自己破産をする人は多くいます。でも以下の場合には自己破産は認められません。

パチンコ、競馬などギャンブルなどによる浪費
持っている財産を隠して自己破産を申請する
申込書などに嘘を書いて破産申請する
一部の債権者に返済し、他はしないなど公平さが無い
7年以内に自己破産の申し立てを続けて行う

このような場合には自己破産が認められません。

自己破産が認められたどうなるの?

免責決定が確定すると、キャッシングによる借金やショッピングによるカードローン債務など、税金や養育費などを除く借金の返済をしなくてよいことになります。

自己破産は借金の返済が無くなるだけでなく、債権者からの催促がなくなるので安心して生活できるようになります。

自己破産、借金はなくなるけど手放すものは?

自己破産では財産が没収されることになります。

しかし、自己破産の手続きが完了した後でも、生活するためには衣食住のためにある程度の財産は必要になります。そのためにも没収すべき資産と見なされない範囲で財産を残すことができます。

預貯金、保険解約金、車や持ち家やマンション、それにパソコンや宝飾品、退職金請求権など、現金20万円以上の価値があると見なされたものは、手放す必要があります。

自己破産、こんな事が出来なくなる

借金の支払いがなくなる自己破産、でも財産が無くなるだけでなく様々な制限が出てきます。

カードが使えない、ローンが組めない、金融会社の情報機関に事故情報として登録されるため、お金を借り入れしたりすることができなくなります。

クレジットカード、消費者金融、銀行からの融資が受けられなくなります。自己情報とはいわゆるブラックリストに載る事です。しかし破産後10年たてば借り入れを行うことが可能になります。

『公証人、 宅地建物取引業者、 証券会社外交員、警備員、保険外交員・自己破産をすると、免責を受けて復権するまでは一定の職業に就くことが制限されます。
他人の財産にまつわる仕事や、大きなお金を扱う仕事については破産者に扱わせることは適当ではないという考え方によるものです。

弁護士、司法書士、税理士と言った国家資格者、生命保険の営業や警備員などは制限されます。しかし医師や看護師など他人の体を扱う職業は国家資格者としても制限はわれません。制限されている職業も破産手続きが終わり、復権するまでの間です。

自己破産後に起きる悪影響

官報等に記載される
住所氏名が国の発行する「官報」という機関誌に掲載されます。もっとも、官報は市販されていないので、一般の人が見る可能性は低いです。また、管財人が選定されている場合には本籍地の「破産者名簿」にも記載されますが、自己破産宣告後手続きが完了したら削除されます。

一般人にはなじみがないものですが、破産者として名前が載ります。闇金などの違法金融業者からの連絡などが出てくることがあります。

保証人への取り立て
自己破産後免責決定を受けても、保証人には何の影響も及ぼしません。したがって、保証人は債権者から保証債務についての追求を受けることになります。場合によっては保証人も債務整理の必要があるので、少なくとも手続きを行う1ヶ月程度前には保証人ときちんと相談しましょう。

お金を借りた本人は借金を免れても、保証人は免れません。債務者は保証人に取立てを始めます。迷惑をかける事になります。

公的年金ではなく、民間会社の個人年金保険の場合は破産手続の中でそれを解約して配当に充てられてしまうこともあります。

公的な年金に関しては心配ありません。しかし民間の保険は解約して財産として取られるケースも出てきます。

自己破産、借金はチャラになるけど、デメリットは? まとめ

自己破産は確かに、借金が返せないと宣言し、それを裁判所が認めれば返済を免れることが出来ます。しかし20万円以下の財産は取り上げられ、その後のクレジットカードや金融機関からの借り入れが出来なくなります。個人信用情報に自己物件として名前が載り、カードが作れなくなるだけでなく、各種ローンも組めなくなります。

しかし会社に知られることも無く、住民票などへの記載もありません。確かに財産は取り上げられますが、借金取りにおびえる事無く生活することが出来ます。また10年ほどで個人信用情報からも名前が消え、新たに生活を再出発することが出来ます。

自己破産はそのメリットとデメリットを見極めて、行う必要があります。また裁判所が介入してくるので、自分で手続きを起こす事も出来ますが、司法書士またま弁護士を通して行うほうが確実だと言えます。

自己破産のメリット、デメリットに関する事をまとめてみました。参考にしていただけるとうれしいです。

関連するまとめ

太陽光発電投資はどういうメリットがあるの?オススメ業者3選

ソーラーパネルを使った太陽光発電の導入にはどのようなメリットがあるのでしょうか? 太陽光発電の魅力とおすすめ…

chieまとめ

フリマアプリ「メルカリ」で悪い評価がつかないコツ3つ

メルカリは国内最大のフリマアプリで、ダウンロード数4,000万突破している人気アプリです。千原せいじさんのC…

百獣の王

お金をかけずに、髪をさらさらにする方法とは!?

美容室で、トリートメントをしてもらえば、もちろん綺麗になりますが、 お金がない時でも簡単に、ワンランク上のト…

リカ

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング