概要

知識

退薬症状を防ぐためにも、急な中止は避ける

薬剤の突然の中断により、感受性の低下した受容体が作動するのに必要なセロトニン量が確保できなくなり、受容体を介する生理機能の調節が十分に行えなくなる

SSRIの退薬症状としては、インフルエンザ様症状(嘔吐・下痢・筋肉痛・発汗)や、精神症状(不安・焦燥・自殺企図・妄想など)、中枢神経症状(麻痺・頭痛・知覚過敏など)がある。投与中止後1週間以内にあらわれ、10日ほど続く。

眠気の副作用が起こりやすいため、夕食後に服用する

副作用に眠気があり、眠気を夜間の睡眠時間と重ねたほうが望ましいと考えられている

パキシルは「1日1回夕食後」が原則で、添付文書にも記載がある。

関連するまとめ

新旋風!?超絶肉食女子の驚きの生態とは!?

草食系男子と呼ばれる男性像が出来上がって久しいですが、それに対して現れた肉食系女子が進化を遂げ、 更に肉食度…

あり

【まじか?!】ポテトチップスが消える?

ポテトチップスを製造するメーカー各社が製造休止を発表しています。 背景・影響とは。。

オトコのミカタ

フェレットってかわいいけどどうやって飼えばいいの?初心者が気をつけることは

かわいらしい顔立ちで人気のペット「フェレット」。 飼育する際の注意点などをご紹介いたします。

ペニー

関連するキーワード

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング