概要

知識

喫煙者が服用中に禁煙をすると血中濃度が上昇するおそれがある

喫煙により誘導されていたCYP1A2が、禁煙することで正常に戻るため、喫煙時と同じ量のテオフィリンを服用していると血中濃度が上昇し、テオフィリン中毒を起こす可能性がある

テオフィリンの有効血中濃度は8~20μg/mLと狭い。テオフィリン中毒では、消化器系症状(悪心・嘔吐など)や精神神経症状(頭痛・不眠・不安・痙攣など)、心・血管症状(頻脈・血圧低下など)が出現する。

関連するまとめ

子供の初節句!誰が準備するの?誰を招待すれば良いの?

子供が生まれ、男の子の場合5月5日迎える初節句。 女の子の場合は3月3日に迎える事になります。 住宅情報も考…

イベント日和

いまだに難しい?中国の大気汚染問題の方向

多くの人の生活に関係するであろう大気汚染問題。どうして中国ではいまだに解決策を見いだせないのでしょうか?

mino

賑やかなスポットだけじゃない!新宿にある意外な癒しのスポット

大都会の新宿で、ゆったりと過ごすことができる癒しの観光スポットを3つ紹介したいと思います。

スカッとじゃぽん

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング