概要

知識

胆汁うっ滞による黄疸、皮膚掻痒感に用いられることがある

胆汁酸による皮膚掻痒感には、コレスチミドなどの陰イオン交感樹脂製剤が使用されることが多い。

胆汁のうっ滞によって胆汁酸の血中濃度が上昇し、皮膚表面に胆汁酸が蓄積、ヒスタミンなどが遊離される。特に夜間に増強するため不眠の原因となりやすい。コレスチミドは胆汁酸と腸管内で吸着し、そのまま糞便排泄される。

関連するまとめ

東京都内でお買い物!ショッピングモール&アウトレット ファッション おしゃれ雑貨 デ…

東京都内で買い物するならいきたいショッピングモールやデートにも使えそうなアウトレットモールを紹介していきたい…

h_t

【衝撃】てるみくらぶ被害者! ホテルに正当な理由を話し「ホテル代払わず宿泊」に成功 …

旅行代理店「てるみくらぶ」が破産手続き入りしたため、ホテル代金や航空代金が各会社に支払われず、旅行者が宿泊で…

【驚愕】電子タバコ「IQOS(アイコス)」は紙巻タバコより体に悪い!?発がん性などの…

日本でも普及してきている電子タバコのIQOS(アイコス)ですが、その安全性・メリットなどに注目!

CHIE

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング