概要

知識

ドパミンの前駆体であるレボドパを用いた製剤である

中枢に補うべきドパミンは、そのまま投与しても血液脳関門を通過せず中枢に移行しないため、代わりに中枢移行性が高いレボドパが治療薬として使用される。

レボドパはドパミンの前駆体で、脳内で代謝されてドパミンとして働く。カルビドパは肝臓や腎臓で脱炭酸酵素によりレボドパがドパミンに変換されるのを防ぐために配合される。

ドパミン製剤使用中は、食事内容に注意が必要

食後に服用すると、空腹時に服用した場合に比べて薬効が低下することが知られている。特に高蛋白食の場合にその影響が大きい。

蛋白質によるレボドパ吸収低下、血液脳関門でアミノ酸との競合阻害などが原因として考えられる。朝昼の蛋白制限や、低栄養を防ぐために夜間の蛋白摂取量を増やすなどが対策として考えられるが、自己判断で行わないほうがよい。

関連するまとめ

梅雨入り前に★【新しい傘欲しくない?】ユニークで機能性の高い傘3選!

梅雨のシーズンがもうすぐやってきますね。 天気が悪いとどうしても気分が沈みがち。 梅雨入り前に、傘を新調して…

カリスマキュレーター

近所にある『百均』で、観葉植物をはじめよう!

百円均一のお店には、観葉植物が並んでいたりしますよね。だけど、「どれを買えばいいのかわからない……」そんな人…

茶々子

里親制度で可愛いペットたちと巡り合うメリット

ペットショップで高額でペットを購入するのも一つの手ですが、行き場がないペットたちを救う方法として里親制度があ…

ハムスター

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング