概要

知識

ドパミンの前駆体であるレボドパを用いた製剤である

中枢に補うべきドパミンは、そのまま投与しても血液脳関門を通過せず中枢に移行しないため、代わりに中枢移行性が高いレボドパが治療薬として使用される。

レボドパはドパミンの前駆体で、脳内で代謝されてドパミンとして働く。カルビドパは肝臓や腎臓で脱炭酸酵素によりレボドパがドパミンに変換されるのを防ぐために配合される。

ドパミン製剤使用中は、食事内容に注意が必要

食後に服用すると、空腹時に服用した場合に比べて薬効が低下することが知られている。特に高蛋白食の場合にその影響が大きい。

蛋白質によるレボドパ吸収低下、血液脳関門でアミノ酸との競合阻害などが原因として考えられる。朝昼の蛋白制限や、低栄養を防ぐために夜間の蛋白摂取量を増やすなどが対策として考えられるが、自己判断で行わないほうがよい。

関連するまとめ

【驚愕】電子タバコ「IQOS(アイコス)」は紙巻タバコより体に悪い!?発がん性などの…

日本でも普及してきている電子タバコのIQOS(アイコス)ですが、その安全性・メリットなどに注目!

CHIE

吸引力の変わらない掃除機は絶対にダイソンしかない!?

吸引力の変わらない掃除機は絶対にダイソンしかない!?

暮らし生活の知恵

手軽にお子さんの成長記録が残せるアプリ3選

お子さんの成長スピードって本当に早いですよね。赤ちゃんは毎日が特別な日。子育て中の皆さんも、忙しい合間を縫っ…

sai

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング