概要

知識

ドパミンの前駆体であるレボドパを用いた製剤である

中枢に補うべきドパミンは、そのまま投与しても血液脳関門を通過せず中枢に移行しないため、代わりに中枢移行性が高いレボドパが治療薬として使用される。

レボドパはドパミンの前駆体で、脳内で代謝されてドパミンとして働く。カルビドパは肝臓や腎臓で脱炭酸酵素によりレボドパがドパミンに変換されるのを防ぐために配合される。

ドパミン製剤使用中は、食事内容に注意が必要

食後に服用すると、空腹時に服用した場合に比べて薬効が低下することが知られている。特に高蛋白食の場合にその影響が大きい。

蛋白質によるレボドパ吸収低下、血液脳関門でアミノ酸との競合阻害などが原因として考えられる。朝昼の蛋白制限や、低栄養を防ぐために夜間の蛋白摂取量を増やすなどが対策として考えられるが、自己判断で行わないほうがよい。

関連するまとめ

北朝鮮、新型ミサイル発射 500キロ飛行

日本が危ない!!日本海落下!500キロ飛行、 北朝鮮、新型ミサイル発射。  

【これがオトコのぉぉお!】節約術まとめ(女性も必見です)

毎日なんとなく買ったり使ったりしている物に潜むムダの数々。1回あたりはたいしたことなくても、積み重なると大き…

オトコのミカタ

初心者さんでも育てられる!夏野菜ベスト3

もうすぐゴールデンウィーク! もし、どこかへ出かける予定がなければ、ぜひプランター栽培を始めてみませんか?

TKG

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング