概要

知識

ドパミンの前駆体であるレボドパを用いた製剤である

中枢に補うべきドパミンは、そのまま投与しても血液脳関門を通過せず中枢に移行しないため、代わりに中枢移行性が高いレボドパが治療薬として使用される。

レボドパはドパミンの前駆体で、脳内で代謝されてドパミンとして働く。カルビドパは肝臓や腎臓で脱炭酸酵素によりレボドパがドパミンに変換されるのを防ぐために配合される。

ドパミン製剤使用中は、食事内容に注意が必要

食後に服用すると、空腹時に服用した場合に比べて薬効が低下することが知られている。特に高蛋白食の場合にその影響が大きい。

蛋白質によるレボドパ吸収低下、血液脳関門でアミノ酸との競合阻害などが原因として考えられる。朝昼の蛋白制限や、低栄養を防ぐために夜間の蛋白摂取量を増やすなどが対策として考えられるが、自己判断で行わないほうがよい。

関連するまとめ

ホタルだけじゃない!光を放つ生き物たち!

発光する生物というとホタルが有名ですが、光を放つ生物は他にも多くいます。その一部を紹介します。

sai

冬の大敵!静電気対策にオススメの冬の必需品!

冬は寒いだけでなく、静電気も多く発生します。 バチっとしたり髪の毛が逆立ってしまったり... 簡単にできるオ…

ペニー

【新年から開運巡り】~隅田川七福神を巡って~

東京都墨田区で有名な七福神巡りについてまとめました。普段でも巡ることができますが、お正月限定で様々な催し物や…

日本大好き

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング