概要

知識

授乳婦には同効薬のプロパジールが好ましい

服用中の母親の血清と母乳の薬物濃度比が、チアマゾールで1:1であるのに対し、プロピルチオウラシルでは10:1である。

薬効・催奇形性・胎盤通過性に大差はないとされる。

関連するまとめ

「メール」のこれまでの歩みから最近の動向まで

まだ会社など、仕事では第一線で使われているメール。そのメールの使い方についてまとめました。

リカ

ペットの散歩には注意点も!事故だけでなく窃盗にも注意

飼い主の皆さんがよく注意をして散歩やイヌの健康などサポートしてあげてください。

flower

万が一に頼れる存在!?医療保険の必要性とは

皆さん、保険には何かしら入っていらっしゃるかと思いますが、万が一、病気やケガをした時の備えである医療保険は準…

mino

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング