概要

知識

授乳婦には同効薬のプロパジールが好ましい

服用中の母親の血清と母乳の薬物濃度比が、チアマゾールで1:1であるのに対し、プロピルチオウラシルでは10:1である。

薬効・催奇形性・胎盤通過性に大差はないとされる。

関連するまとめ

あなたは豆まきした?実は豆まきしないでも良い人がいる!

鬼は外、福は内でおなじみの節分の豆まき。実は豆まきをしないでも鬼が寄ってこない家もあるのです。

イベント日和

マイボトルでお得でおしゃれな生活をしましょう

巷でよく聞くマイボトル。いったいどのような魅力があるのか、紹介したいと思います。

女性の味方

高速道路オタクが造形美に萌える「首都高横浜北線」が真価を発揮するのは3年半後

3月は年度末。高速道路の新規路線開通が集中する時期でもあった。なぜ年度末に開通するかというと、高速道路会社(…

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング