概要

知識

授乳婦には同効薬のプロパジールが好ましい

服用中の母親の血清と母乳の薬物濃度比が、チアマゾールで1:1であるのに対し、プロピルチオウラシルでは10:1である。

薬効・催奇形性・胎盤通過性に大差はないとされる。

関連するまとめ

ドラッグストアで購入できる!本当にオススメのボディーソープ特集

秋から冬にかけては特に乾燥が気になる季節。 ドラッグストアで買える評価の高いボディーソープをご紹介します!

sai

JAマイカーローンの審査基準

融資金利に注目する際は、借り手のライフプランや返済計画を基に、返済方法を見極め判断することがとても重要です。

flower

「幸せホルモン」で毎日の生活をもっと幸せに!

「幸せホルモン」とよばれる脳内物質、セロトニンをご存じでしょうか。 セロトニンを正常に分泌させることによって…

あり

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング