概要

知識

授乳婦には同効薬のプロパジールが好ましい

服用中の母親の血清と母乳の薬物濃度比が、チアマゾールで1:1であるのに対し、プロピルチオウラシルでは10:1である。

薬効・催奇形性・胎盤通過性に大差はないとされる。

関連するまとめ

捨てるのはちょっと待って!不要な歯ブラシやストッキングなどはリサイクルして掃除に役立…

掃除道具は沢山ありますが、毎回購入するより使い古して捨てる予定のものをリサイクルして活用すれば一石二鳥です!…

まとめマスター

妊娠してから親子の健康記録となる「母子手帳」

妊娠と診断されたときから必ず入手することになる母子手帳についてまとめてみました。

宗國

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング