概要

知識

授乳婦には同効薬のプロパジールが好ましい

服用中の母親の血清と母乳の薬物濃度比が、チアマゾールで1:1であるのに対し、プロピルチオウラシルでは10:1である。

薬効・催奇形性・胎盤通過性に大差はないとされる。

関連するまとめ

大学一年生、友達が作れるのは一年の五月まで!

大学一年生のスタートダッシュでつまずくと、ずっとぼっちかも……という恐ろしいお話です。

大阪のみさぽ

妊娠の際に多いトラブルのひとつ「さかご」について

赤ちゃんは本来お腹の中では頭を下にするのが普通ですが、稀に頭が上になる姿勢でいる「さかご」である場合がありま…

茶々子

不要になったパソコンの処分はどうする?無料でも回収が可能!

不要になったパソコンの処分はどうする?無料でも回収が可能!

暮らし生活の知恵

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング