概要

知識

甲状腺機能亢進による頻脈、振戦などの症状緩和に用いられることがある

自覚症状が強い症例では、動悸や振戦などを緩和する目的で塩酸プロプラノロールなどのβ遮断剤が併用されることがある。

β2遮断により交感神経の過剰興奮が抑制。バセドウ病などに応用。

関連するまとめ

ベッドやソファーから飛び降りて骨折することも。小型犬の注意点

ベッドやソファーから飛び降りて骨折することも。小型犬の注意点。 高いところで遊ばせていると骨折のリスクが!?

動物の森

パソコンや読書そして小さな文字で目が疲れていませんか?

長時間集中して目を使うと、目には大きな負担となります。 自然とまばたきの回数が減っていきます。そして目が乾燥…

世界の雑学王

新旋風!?超絶肉食女子の驚きの生態とは!?

草食系男子と呼ばれる男性像が出来上がって久しいですが、それに対して現れた肉食系女子が進化を遂げ、 更に肉食度…

あり

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング