概要

知識

甲状腺機能亢進による頻脈、振戦などの症状緩和に用いられることがある

自覚症状が強い症例では、動悸や振戦などを緩和する目的で塩酸プロプラノロールなどのβ遮断剤が併用されることがある。

β2遮断により交感神経の過剰興奮が抑制。バセドウ病などに応用。

関連するまとめ

これは必須!エンタメ寄りのおすすめスマホアプリ

現在では無数にあるスマホやタブレットのアプリですが、エンタメ寄りなおすすめ3つをご紹介します。

rrra

〚万能ワクチン〛とかいうすごいものがあるってよ?!

冬になると毎年流行するインフルエンザ。タイプが異なるとワクチンが効かないため、予防接種しても感染します。去年…

第二の人生を満喫!ガーデニングが老後の趣味にぴったりな理由

いきいきとした老後を過ごすための趣味のひとつであるガーデニングの効果についてまとめました。

暮らし生活の知恵

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング