概要

知識

甲状腺機能亢進による頻脈、振戦などの症状緩和に用いられることがある

自覚症状が強い症例では、動悸や振戦などを緩和する目的で塩酸プロプラノロールなどのβ遮断剤が併用されることがある。

β2遮断により交感神経の過剰興奮が抑制。バセドウ病などに応用。

関連するまとめ

風がそよと吹くだけで激痛が走る。その病は痛風。

痛風は激しい痛みを伴う病です。初期の痛みは足の指に現れ、次は足の甲、足首、中には足裏に発症する人もいます。普…

リカ

「いきなり来られても...」孫フィーバーでアポ無し訪問してくる義両親への対策5つ!

孫が産まれると、義両親のアポなし訪問は増える傾向にあります。 でも慣れない育児をしながら義両親の突然の訪問に…

ペニー

日本初のリアルタイム異常検知通報装置とGPSを小さな筐体に備えた「番犬ドンデⅡ」

『番犬ドンデⅡ』はリアルタイム異常検知通報装置とGPSを小さな筐体に備えた日本初の画期的な商品です。 番犬ド…

chieまとめ

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング