概要

知識

甲状腺機能亢進による頻脈、振戦などの症状緩和に用いられることがある

自覚症状が強い症例では、動悸や振戦などを緩和する目的で塩酸プロプラノロールなどのβ遮断剤が併用されることがある。

β2遮断により交感神経の過剰興奮が抑制。バセドウ病などに応用。

関連するまとめ

【6月25日】今日は何の日?住宅デー

6月25日は住宅デーです。 住宅デーについてご紹介します。

イベント日和

自分って汗臭い?明日からすぐできる汗対策・予防を紹介

仕事が終わって帰宅し、玄関で靴を脱ぐとツーンとするような刺激臭。 シャツを脱いだら、ワキの部分に汗ジミ、襟元…

sai

【こんなに簡単?!】勉強嫌いな人のための語学習得法!

語学を習得したくても、どうやって勉強すればいいかわからないという方は多いのではないでしょうか。また、勉強はし…

オトコのミカタ

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング