概要

知識

甲状腺機能亢進による頻脈、振戦などの症状緩和に用いられることがある

自覚症状が強い症例では、動悸や振戦などを緩和する目的で塩酸プロプラノロールなどのβ遮断剤が併用されることがある。

β2遮断により交感神経の過剰興奮が抑制。バセドウ病などに応用。

関連するまとめ

家族が集まるリビング、カーペットのお掃除に重曹が活躍

リビングは、皆が集まる所なので、きれいにしておきたいですね。 カーペットのお手入れ方法についてまとめてみまし…

暮らし生活の知恵

Amazonフレッシュがサービス開始!その魅力とは?

流通業界のリーダーであるAmazonが、2017年4月21日に日本で「Amazonフレッシュ」というサービス…

カリスマキュレーター

全くやる気が出ない時に自分を奮い立たせる7つの方法

「なんか今日やる気も出ないし、ダラダラしたい」なんて時はありませんか?でも、やらなきゃいけないことがある。そ…

大阪のみさぽ

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング