概要

知識

甲状腺機能亢進による頻脈、振戦などの症状緩和に用いられることがある

自覚症状が強い症例では、動悸や振戦などを緩和する目的で塩酸プロプラノロールなどのβ遮断剤が併用されることがある。

β2遮断により交感神経の過剰興奮が抑制。バセドウ病などに応用。

関連するまとめ

一人暮らしの時に収納に役立つ100均グッズ3選

一人暮らしを始める時、収納グッズは主にどこで購入していますか? 今回は、意外と使える100均の収納グッズを紹…

まとめマスター

破産宣告する前に知っておくべきこと

このように破産宣告するメリットは非常に大きいですが、その分デメリットも大きく、かけがえのない財産や周囲の親交…

flower

子どもを叱る前に覚えておきたいこと!~子どもと親の幸せへの道のり~

感情的に怒ったり子供が心を閉ざしてしまうような環境作りではなく子供が心を開いてくれる環境を作れるように大人は…

flower

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング