概要

知識

甲状腺機能亢進による頻脈、振戦などの症状緩和に用いられることがある

自覚症状が強い症例では、動悸や振戦などを緩和する目的で塩酸プロプラノロールなどのβ遮断剤が併用されることがある。

β2遮断により交感神経の過剰興奮が抑制。バセドウ病などに応用。

関連するまとめ

知っておきたい大人のたしなみ。ふろしきとふくさの使い方

ふろしきやふくさは、日本人にとって昔から馴染みのあるものですが、意外と正しい使い方を知らない方は多いのではな…

暮らし生活の知恵

こしたんたんと次の総理の座を狙ってそうな人!

衆議院総選挙が来年に迫っています。 結果次第ですがもしかしたら内閣総理大臣が変わるかもしれません。 そこで総…

rbkg

格安SIMはLINEモバイルがオススメ!

格安SIMはLINEモバイルが良いとよく聞きますが、どんなところが良いのかをまとめてみました。

rbkg

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング