概要

知識

甲状腺機能亢進による頻脈、振戦などの症状緩和に用いられることがある

自覚症状が強い症例では、動悸や振戦などを緩和する目的で塩酸プロプラノロールなどのβ遮断剤が併用されることがある。

β2遮断により交感神経の過剰興奮が抑制。バセドウ病などに応用。

関連するまとめ

紫外線は肌だけではなく、目も紫外線対策が必要

紫外線が強い日は、UVクリームを塗る人は多いです。 しかし、肌だけではなく、目にも紫外線対策が必要なのです。…

リカ

これから小型犬を飼いたいと思ってる方へ!飼いやすい小型犬の人気ランキング

犬を飼いたいと思っていても犬種がいっぱいだしどの犬種もかわいいしで迷ってしまいませんか?初めて犬を飼うなら飼…

h_t

【6月14日】今日は何の日?世界献血者デー

6月14日は世界献血者デーです。 世界献血者デーについてご紹介します。

イベント日和

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング