概要

知識

クローン病における肛門部病変の治療に応用される

抗菌作用に加え、免疫調整作用を期待して、クローン病治療に用いられる。また、大腸型クローン病の肛門部病変に対しては同剤が特に有効であることが知られている。

フラジールは人体寄生虫トリコモナスの感染症に適応を持つ抗寄生虫薬だが、免疫系にも何らかの作用をもたらすことが知られている。

関連するまとめ

全くやる気が出ない時に自分を奮い立たせる7つの方法

「なんか今日やる気も出ないし、ダラダラしたい」なんて時はありませんか?でも、やらなきゃいけないことがある。そ…

大阪のみさぽ

あなたは乾燥型?脂性型?タイプ別フケ対策

乾燥した季節になると気になるのがフケ。 人によっては季節問わず年中フケ問題に悩まされている人もいるのではない…

暮らし生活の知恵

【6月9日】今日は何の日?我が家のカギを見直すロックの日

6月9日は我が家のカギを見直すロックの日です。 我が家のカギを見直すロックの日についてご紹介します。

イベント日和

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング