概要

知識

クローン病における肛門部病変の治療に応用される

抗菌作用に加え、免疫調整作用を期待して、クローン病治療に用いられる。また、大腸型クローン病の肛門部病変に対しては同剤が特に有効であることが知られている。

フラジールは人体寄生虫トリコモナスの感染症に適応を持つ抗寄生虫薬だが、免疫系にも何らかの作用をもたらすことが知られている。

関連するまとめ

動物園の人気者シロクマは、実は「白いクマ」ではなかった?

シロクマは実は白いクマではなく、 「白く見える」クマだったのです。 なぜ白く見えるのかについてまとめました。…

筆人

19歳イケメンモデル、正体は…注意してあげたい子どものSNS利用!?

国家公安委員会と文部科学省は6月27日、夏休みを迎える子どもたちに向けた共同メッセージを発信した。インターネ…

ホタルだけじゃない!光を放つ生き物たち!

発光する生物というとホタルが有名ですが、光を放つ生物は他にも多くいます。その一部を紹介します。

sai

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング