概要

知識

クローン病における肛門部病変の治療に応用される

抗菌作用に加え、免疫調整作用を期待して、クローン病治療に用いられる。また、大腸型クローン病の肛門部病変に対しては同剤が特に有効であることが知られている。

フラジールは人体寄生虫トリコモナスの感染症に適応を持つ抗寄生虫薬だが、免疫系にも何らかの作用をもたらすことが知られている。

関連するまとめ

【Twitterでも話題の】プチギフトやプレゼントにぴったり!入浴剤ブランド3選

入浴剤は毎日使うものなので、どんな方にでも喜んでもらえてプレゼントに最適です。 たくさんある入浴剤ブランドか…

なおさん

鼻がムズムズ・・・花粉症で苦しむ人に朗報!花粉症対策にワセリンが効く!?

肌の乾燥対策にワセリンを使っていますが、実は、花粉症対策に効くんですね!

midorimushi

不妊治療を始めたら、仕事は両立できるの?

最近、不妊治療をする人が増えてきています。 仕事を辞めないといけないのか、不安になりますよね。 不妊治療と仕…

CHIE

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング