概要

知識

クローン病における肛門部病変の治療に応用される

抗菌作用に加え、免疫調整作用を期待して、クローン病治療に用いられる。また、大腸型クローン病の肛門部病変に対しては同剤が特に有効であることが知られている。

フラジールは人体寄生虫トリコモナスの感染症に適応を持つ抗寄生虫薬だが、免疫系にも何らかの作用をもたらすことが知られている。

関連するまとめ

【涙じゃなく笑顔で送ろう!】2018年には消滅が予想される首都圏の電車たち

来年、2018年には消滅が予想される首都圏のJRの電車についてまとめてみました。 注目されていない今だからこ…

オトコのミカタ

【つっかもうぜっ!○○ボール♪】国内大手企業がついに開発?!

つ、ついにあの「ドラゴンボール」が開発されました!! 7つ集めれば何でも願いが叶う。。 探しに行かなければっ…

オトコのミカタ

夏に定番の麦茶はなぜ定番なのかを調査しました

夏になると日本人なら誰でも必ず飲んだことのある麦茶。当たり前のように夏に出てくる麦茶の秘密をまとめました。

rrra

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング