概要

知識

クローン病における肛門部病変の治療に応用される

抗菌作用に加え、免疫調整作用を期待して、クローン病治療に用いられる。また、大腸型クローン病の肛門部病変に対しては同剤が特に有効であることが知られている。

フラジールは人体寄生虫トリコモナスの感染症に適応を持つ抗寄生虫薬だが、免疫系にも何らかの作用をもたらすことが知られている。

関連するまとめ

高齢の家族がいる人に見てほしい! 知っておきたい介護の心構え

65歳以上の高齢者の人口はここ数年増加の一途をたどっています。 文字通り高齢化社会の日本。高齢家族の介護に直…

CHIE

永久保存版┃日常生活に必要な水平作業域を覚えて快適な生活空間を確保しよう!

家具をレイアウトした後に、家具同士の距離が近すぎて物の出し入れがしにくかったり、引っ越し先が狭くこれまで使っ…

カリスマキュレーター

お米を食べることで良質な睡眠を手に入れられる!

日本人の主食と言えば「お米」ですよね。しかし最近では、一般家庭のパンの消費量がお米を上回ったというデータが発…

なおさん

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング