概要

知識

クローン病における肛門部病変の治療に応用される

抗菌作用に加え、免疫調整作用を期待して、クローン病治療に用いられる。また、大腸型クローン病の肛門部病変に対しては同剤が特に有効であることが知られている。

フラジールは人体寄生虫トリコモナスの感染症に適応を持つ抗寄生虫薬だが、免疫系にも何らかの作用をもたらすことが知られている。

関連するまとめ

わきがの効果的なケア方法知っていますか?

わきがのケアでやりがちな間違ったケア方法と、わきがの正しいケア方法をわかりやすく説明しました。

女性の味方

インデラルについて

プロプラノロール塩酸塩

sindou-k

重曹は、よく耳にしますが、どんな性質があるの?

重曹でよりよい生活を送りたいあなた、重曹の持つ効果について、知っておくことが重要です。重曹の性質についてまと…

冒険王

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング