概要

知識

クローン病における肛門部病変の治療に応用される

抗菌作用に加え、免疫調整作用を期待して、クローン病治療に用いられる。また、大腸型クローン病の肛門部病変に対しては同剤が特に有効であることが知られている。

フラジールは人体寄生虫トリコモナスの感染症に適応を持つ抗寄生虫薬だが、免疫系にも何らかの作用をもたらすことが知られている。

関連するまとめ

汚部屋にリバウンドしないための5つのポイント!

片付けても片付けても気づいたらなぜか汚部屋になっている。こんなお悩みに効果的な5つのポイントをご紹介します。

カリスマキュレーター

毎朝の身支度にかかる時間を短縮するポイント!

毎朝の身支度の時間を短縮する工夫を普段からしておくことで、朝の時間を有効に使えるようになり気分良く一日が過ご…

カリスマキュレーター

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング