概要

知識

シェーグレン症候群による口腔乾燥症状の緩和に用いられることがある

気管支炎などに適応を持つ気道粘液溶解剤であるが、シェーグレン症候群に使用されることもある。

気道粘液だけでなく、唾液腺・涙腺からの分泌液の粘稠度を低下させたり、分泌量を増加させる効果が期待できる。エチルシステインやアンブロキソールも同じ目的で使用されることがある。

関連するまとめ

モテない男子が合コンで注目される話術とは?

そんな時にまず困ってしまうのが、どんなトークをすればいいのか……ということではないでしょうか。 緊張するかも…

つくくん

初めての育児でも安心!育児お助けアプリ紹介

家事に育児に大変なお母さん。特に初めての子育てでは何をしたら良いのかも手探り状態で夜も眠れませんよね。少しで…

sai

〖酷すぎる!〗菅直人のツイッター炎上

Twitterっで誤字った菅直人の炎上ニュース! ご紹介します。

関連するキーワード

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング