概要

知識

シェーグレン症候群による口腔乾燥症状の緩和に用いられることがある

気管支炎などに適応を持つ気道粘液溶解剤であるが、シェーグレン症候群に使用されることもある。

気道粘液だけでなく、唾液腺・涙腺からの分泌液の粘稠度を低下させたり、分泌量を増加させる効果が期待できる。エチルシステインやアンブロキソールも同じ目的で使用されることがある。

関連するまとめ

【6月10日】今日は何の日?路面電車の日

6月10日は路面電車の日です。 路面電車の日、路面電車についてご紹介します。

イベント日和

いろいろある猫砂、どれがいい? 知っておきたい猫砂の種類と特徴

猫が気に入りやすくとにかく固まる砂が良い、出来るだけ安くしたいという人は鉱物系。 消臭効果が強くて処分しやす…

flower

関連するキーワード

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング