概要

知識

シェーグレン症候群による口腔乾燥症状の緩和に用いられることがある

気管支炎などに適応を持つ気道粘液溶解剤であるが、シェーグレン症候群に使用されることもある。

気道粘液だけでなく、唾液腺・涙腺からの分泌液の粘稠度を低下させたり、分泌量を増加させる効果が期待できる。エチルシステインやアンブロキソールも同じ目的で使用されることがある。

関連するまとめ

家族が集まるリビング、カーペットのお掃除に重曹が活躍

リビングは、皆が集まる所なので、きれいにしておきたいですね。 カーペットのお手入れ方法についてまとめてみまし…

暮らし生活の知恵

キッチンペーパーを1回で捨てるのはモッタイナイ!? 何回使えるか耐久性テストしてみた

「一度限りで捨てなければならない」という概念をあえて捨て、使い捨て所品を限界まで使い倒すことにチャレンジ! …

【絶対買う価値あり】これがちょうど欲しかった!ネットで話題の便利グッズ3選!

Twitterやインスタグラムで話題の便利グッズを紹介します。

rooms

関連するキーワード

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング