概要

知識

シェーグレン症候群による口腔乾燥症状の緩和に用いられることがある

気管支炎などに適応を持つ気道粘液溶解剤であるが、シェーグレン症候群に使用されることもある。

気道粘液だけでなく、唾液腺・涙腺からの分泌液の粘稠度を低下させたり、分泌量を増加させる効果が期待できる。エチルシステインやアンブロキソールも同じ目的で使用されることがある。

関連するまとめ

【青汁】美容・健康・ダイエットに効果あり!?代表的な3つの原料に注目!

【青汁】美容・健康・ダイエットに効果あり!?代表的な3つの成分に注目!

女性の味方

秋はダニ・カビの繁殖期!! まずはベッドのダニ・カビ対策をしよう!

梅雨時だけでなく、夏から秋にかけて涼しくなる季節はダニやカビが大繁殖してしまうので注意が必要です。寝ているう…

taro

誰もが必ず考えなければならない「遺産相続」

親族が亡くなった時に必ず考えなければならないのが遺産の話。遺産相続とは何かをまとめてみました。

冒険王

関連するキーワード

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング