概要

知識

シェーグレン症候群による口腔乾燥症状の緩和に用いられることがある

気管支炎などに適応を持つ気道粘液溶解剤であるが、シェーグレン症候群に使用されることもある。

気道粘液だけでなく、唾液腺・涙腺からの分泌液の粘稠度を低下させたり、分泌量を増加させる効果が期待できる。エチルシステインやアンブロキソールも同じ目的で使用されることがある。

関連するまとめ

徒歩の方も車の方も安心!食材の買い物に役立つお助けアイテム!

食材の買い物はボリュームも重量もあり大変な場合が多いですね。袋詰が面倒。徒歩だと手が痛くなるし、車だと倒れた…

カリスマキュレーター

【男性必見】育毛のための栄養素!!

今回は育毛のための栄養素について 取り上げてみました。 ご参考にしてみてはいががでしょうか。

妊娠するには、うまくいっても2割!?妊娠のしくみとは

最近は、晩婚化が進み、不妊治療が当たり前のようになってきています。 妊娠のしくみについて、まとめてみました。

リカ

関連するキーワード

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング