概要

知識

シェーグレン症候群による口腔乾燥症状の緩和に用いられることがある

気管支炎などに適応を持つ気道粘液溶解剤であるが、シェーグレン症候群に使用されることもある。

気道粘液だけでなく、唾液腺・涙腺からの分泌液の粘稠度を低下させたり、分泌量を増加させる効果が期待できる。エチルシステインやアンブロキソールも同じ目的で使用されることがある。

関連するまとめ

高齢の家族がいる人に見てほしい! 知っておきたい介護の心構え

65歳以上の高齢者の人口はここ数年増加の一途をたどっています。 文字通り高齢化社会の日本。高齢家族の介護に直…

CHIE

子どもを叱る前に覚えておきたいこと!~子どもと親の幸せへの道のり~

感情的に怒ったり子供が心を閉ざしてしまうような環境作りではなく子供が心を開いてくれる環境を作れるように大人は…

flower

ホタルだけじゃない!光を放つ生き物たち!

発光する生物というとホタルが有名ですが、光を放つ生物は他にも多くいます。その一部を紹介します。

sai

関連するキーワード

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング