概要

知識

シェーグレン症候群による口腔乾燥症状の緩和に用いられることがある

気管支炎などに適応を持つ気道粘液溶解剤であるが、シェーグレン症候群に使用されることもある。

気道粘液だけでなく、唾液腺・涙腺からの分泌液の粘稠度を低下させたり、分泌量を増加させる効果が期待できる。エチルシステインやアンブロキソールも同じ目的で使用されることがある。

関連するまとめ

これは必須!エンタメ寄りのおすすめスマホアプリ

現在では無数にあるスマホやタブレットのアプリですが、エンタメ寄りなおすすめ3つをご紹介します。

rrra

2月8日は針供養の日!針供養の由来とやり方まとめ

針供養(はりくよう)を知っていますか? 縫い針が折れたり曲がったりした針を供養する行事です。 針供養の由来や…

イベント日和

キャッシング返済の実質年率とは

利用する際は、金融商品の実質年率の確認が必須です。 実質年率方式の弱点は計算が非常に煩雑なことです。手計算で…

flower

関連するキーワード

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング