概要

知識

シェーグレン症候群による口腔乾燥症状の緩和に用いられることがある

気管支炎などに適応を持つ気道粘液溶解剤であるが、シェーグレン症候群に使用されることもある。

気道粘液だけでなく、唾液腺・涙腺からの分泌液の粘稠度を低下させたり、分泌量を増加させる効果が期待できる。エチルシステインやアンブロキソールも同じ目的で使用されることがある。

関連するまとめ

知らなかった♪日本の水が安全な理由って?

いつでもキレイな水を水道から手に入れることができるというのは実は特別なことなのです。

mino

にわか雨、通り雨、夕立の違いわかりますか?

天気予報を見ていると「急なにわか雨にご注意ください」と予報師の一言。 でも、先日は「夕立に」とか「通り雨」に…

sai

手軽にお子さんの成長記録が残せるアプリ3選

お子さんの成長スピードって本当に早いですよね。赤ちゃんは毎日が特別な日。子育て中の皆さんも、忙しい合間を縫っ…

sai

関連するキーワード

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング