概要

知識

シェーグレン症候群による口腔乾燥症状の緩和に用いられることがある

気管支炎などに適応を持つ気道粘液溶解剤であるが、シェーグレン症候群に使用されることもある。

気道粘液だけでなく、唾液腺・涙腺からの分泌液の粘稠度を低下させたり、分泌量を増加させる効果が期待できる。エチルシステインやアンブロキソールも同じ目的で使用されることがある。

関連するまとめ

ブームになっているフレーバーウォーターについてまとめました

最近のトレンドであるフレーバーウォーターについてまとめてみました。各社力を入れている商品を紹介していきたいと…

CHIE

妊娠中の大敵!つらい浮腫みに効く解消法3選

妊娠中の大敵、浮腫み。浮腫むと太って見えてしまい落ち込んでしまうものです。 そこで今回は、そんな浮腫みの解消…

taro

【こんなに簡単?!】勉強嫌いな人のための語学習得法!

語学を習得したくても、どうやって勉強すればいいかわからないという方は多いのではないでしょうか。また、勉強はし…

オトコのミカタ

関連するキーワード

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング