概要

知識

シェーグレン症候群による口腔乾燥症状の緩和に用いられることがある

気管支炎などに適応を持つ気道粘液溶解剤であるが、シェーグレン症候群に使用されることもある。

気道粘液だけでなく、唾液腺・涙腺からの分泌液の粘稠度を低下させたり、分泌量を増加させる効果が期待できる。エチルシステインやアンブロキソールも同じ目的で使用されることがある。

関連するまとめ

慣れると簡単!自分でタイヤ交換をするメリットについて

普段は自分でタイヤ交換なんてしたことがないという方へ、タイヤ交換をするメリットについてまとめてみました。

暮らし生活の知恵

広瀬すずのCMでおなじみレオパレス21に集団訴訟! 契約アパートオーナーたちが告発す…

広瀬すずのCMでおなじみのレオパレス21。しかし、いま、そのレオパレス21でアパート経営をしているオーナーた…

あなたは乾燥型?脂性型?タイプ別フケ対策

乾燥した季節になると気になるのがフケ。 人によっては季節問わず年中フケ問題に悩まされている人もいるのではない…

暮らし生活の知恵

関連するキーワード

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング