概要

知識

中枢セロトニン5-HT1A受容体を選択的に刺激する

大脳辺縁系に局在するセロトニン5-HT1A受容体に選択的に作用し、亢進している神経活動を抑制することで抗不安作用を示す薬剤である。

日中の痒みに伴うイライラ感の緩和に用いられることがある

かゆみによる日中のイライラ感を抑制する目的で使いやすい薬剤と考えられている。

タンドスピロンはBZD系ではないため、眠気、倦怠感、薬物依存といった副作用は起きにくい。夜間の掻破や、痒みによる睡眠障害がある場合ではBZD系や沈静作用のある抗アレルギー剤が用いられる。

関連するまとめ

知って得する!二日酔いの解消方法は?

お酒の飲みすぎで二日酔いになったときは!!

これは必須!エンタメ寄りのおすすめスマホアプリ

現在では無数にあるスマホやタブレットのアプリですが、エンタメ寄りなおすすめ3つをご紹介します。

rrra

信販系クレジットカードを使う方法!!

信販系クレジットカードには、安心感があります。もちろん、他の交通系や銀行系のカードにも安心感はあります。 で…

flower

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング