概要

知識

中枢セロトニン5-HT1A受容体を選択的に刺激する

大脳辺縁系に局在するセロトニン5-HT1A受容体に選択的に作用し、亢進している神経活動を抑制することで抗不安作用を示す薬剤である。

日中の痒みに伴うイライラ感の緩和に用いられることがある

かゆみによる日中のイライラ感を抑制する目的で使いやすい薬剤と考えられている。

タンドスピロンはBZD系ではないため、眠気、倦怠感、薬物依存といった副作用は起きにくい。夜間の掻破や、痒みによる睡眠障害がある場合ではBZD系や沈静作用のある抗アレルギー剤が用いられる。

関連するまとめ

流行りのフリマアプリ!メルカリでトラブルを避ける3つの方法

メルカリはスマホで簡単に出品・購入ができるフリマアプリの代表格です。そんなメルカリでのトラブルを避ける方法を…

リカ

文房具の進化が止まらない!【学生さんも社会人も必見の便利文房具をご紹介】

2017年のやる気も上がる!? 新しい文房具を手に入れたりすると気持ちがシャキッと切り替わったりリフレッシュ…

h_t

知って得する!二日酔いの解消方法は?

お酒の飲みすぎで二日酔いになったときは!!

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング