概要

知識

中枢セロトニン5-HT1A受容体を選択的に刺激する

大脳辺縁系に局在するセロトニン5-HT1A受容体に選択的に作用し、亢進している神経活動を抑制することで抗不安作用を示す薬剤である。

日中の痒みに伴うイライラ感の緩和に用いられることがある

かゆみによる日中のイライラ感を抑制する目的で使いやすい薬剤と考えられている。

タンドスピロンはBZD系ではないため、眠気、倦怠感、薬物依存といった副作用は起きにくい。夜間の掻破や、痒みによる睡眠障害がある場合ではBZD系や沈静作用のある抗アレルギー剤が用いられる。

関連するまとめ

甘いものが食べたくなる妊娠中!その危険性と対策法を調べてみた

妊娠中って本当に甘いものが食べたくなりますよね。禁断症状が出るのではと思うほどです。我慢できず、ついつい甘い…

sai

完全個人的!業務用スーパーリピート厳選商品!

最近はネットや、宅配型のスーパーなど色々な形で食材や生活用品を購入できるようになりましたね。しかしそれでも家…

まとめマスター

「てるみくらぶ」倒産、その兆候は数年前からあった!?

2017年3月27日に破産となった旅行会社「てるみくらぶ」。 実は、5年以上前からその兆候は既に存在していま…

峠の425

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング