概要

知識

中枢セロトニン5-HT1A受容体を選択的に刺激する

大脳辺縁系に局在するセロトニン5-HT1A受容体に選択的に作用し、亢進している神経活動を抑制することで抗不安作用を示す薬剤である。

日中の痒みに伴うイライラ感の緩和に用いられることがある

かゆみによる日中のイライラ感を抑制する目的で使いやすい薬剤と考えられている。

タンドスピロンはBZD系ではないため、眠気、倦怠感、薬物依存といった副作用は起きにくい。夜間の掻破や、痒みによる睡眠障害がある場合ではBZD系や沈静作用のある抗アレルギー剤が用いられる。

関連するまとめ

だるさが抜けない!疲れを明日に持ち越さない方法

30代を越えると顕著に出てくる疲れやすさ。そんな悩みを解決する疲労回復方法についてまとめました。

あり

借金の消滅時効について

時効の援用を行い、成立すれば確かに借金は返さずに済みます。しかし、返す前提で借りたものを返さないとなると、債…

flower

いつのまにかもう秋!?今のうちにやっておくこと

季節の変わり目はいろいろやることがありますよね。 でも何から手を付けようか、悩んでしまっているうちにすっかり…

rrra

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング