概要

知識

中枢セロトニン5-HT1A受容体を選択的に刺激する

大脳辺縁系に局在するセロトニン5-HT1A受容体に選択的に作用し、亢進している神経活動を抑制することで抗不安作用を示す薬剤である。

日中の痒みに伴うイライラ感の緩和に用いられることがある

かゆみによる日中のイライラ感を抑制する目的で使いやすい薬剤と考えられている。

タンドスピロンはBZD系ではないため、眠気、倦怠感、薬物依存といった副作用は起きにくい。夜間の掻破や、痒みによる睡眠障害がある場合ではBZD系や沈静作用のある抗アレルギー剤が用いられる。

関連するまとめ

頑固な油汚れのコンロ、グリルを重曹で落とす方法とは?

毎日使うコンロ、お魚を焼く時に使うグリル。油汚れが取れにくいですよね。重曹で汚れを落とす方法について、まとめ…

あり

ホーキング博士「人類はあと100年で終了」

車椅子の物理学者として著名なホーキング博士が気になる未来予測を発表しましま。 ホーキング博士は「人類の未来は…

taro

【衝撃】駅ホームにポプテピピックの大川ぶくぶ先生とふぁっ熊先生の漫画が掲載されている…

ファンにとって衝撃的なニュースが飛び込んてきた。駅のホームに、人気漫画家の大川ぶくぶ先生とふぁっ熊先生の漫画…

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング