概要

知識

中枢セロトニン5-HT1A受容体を選択的に刺激する

大脳辺縁系に局在するセロトニン5-HT1A受容体に選択的に作用し、亢進している神経活動を抑制することで抗不安作用を示す薬剤である。

日中の痒みに伴うイライラ感の緩和に用いられることがある

かゆみによる日中のイライラ感を抑制する目的で使いやすい薬剤と考えられている。

タンドスピロンはBZD系ではないため、眠気、倦怠感、薬物依存といった副作用は起きにくい。夜間の掻破や、痒みによる睡眠障害がある場合ではBZD系や沈静作用のある抗アレルギー剤が用いられる。

関連するまとめ

進歩しているリウマチ治療とそのメカニズム

リウマチに悩まされている方にも、これからなる可能性のある方にも知ってほしいリウマチ治療とは?

リカ

知ってトクする!よく見る中国語単語の意味まとめ!イノシシはブタ?

中華料理店に入ると、意外に読めない中国語の数々。同じ漢字なのに、もったいない限りです。見かける頻度の高い中国…

筆人

不眠症はどうやって改善する?効果的な解消法を徹底解説!

不眠症に悩まされている人は、多く存在します。 その中で、不眠症を改善するための方法についてまとめました。

暮らし生活の知恵

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング