概要

知識

中枢セロトニン5-HT1A受容体を選択的に刺激する

大脳辺縁系に局在するセロトニン5-HT1A受容体に選択的に作用し、亢進している神経活動を抑制することで抗不安作用を示す薬剤である。

日中の痒みに伴うイライラ感の緩和に用いられることがある

かゆみによる日中のイライラ感を抑制する目的で使いやすい薬剤と考えられている。

タンドスピロンはBZD系ではないため、眠気、倦怠感、薬物依存といった副作用は起きにくい。夜間の掻破や、痒みによる睡眠障害がある場合ではBZD系や沈静作用のある抗アレルギー剤が用いられる。

関連するまとめ

【ダイソー・キャンドゥ・セリア】えっ?全部100均!?便利グッズTwitterハンタ…

ダイソー・キャンドゥ・セリアなど大手100円ショップで見つけたマジで即買い必至の人気商品まとめ!

midorimushi

水は100℃にならないと沸騰しないって本当ですか?

皆さんは蒸発と沸騰の違いをご存知ですか? 気圧が低い時と高い時の違いを説明できますか? これらは水の沸騰と大…

茶々子

電気は必要なし!ゲルマニウムラジオを作ってみよう

ラジオは電気がなければ鳴りません。何を当たり前のことと思うかもしれませんが、もし災害で電気も電池もなければ、…

rrra

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング