概要

房水流出促進剤として近年多く使用されているプロスタグランジン製剤である。

よく併用されるβ遮断剤点眼(チモプトールなど)は房水「産生抑制」剤である。

知識

PG点眼剤に共通する副作用に注意

メラニン産生細胞や毛根細胞に作用する

眼瞼色素沈着、眼瞼部多毛、虹彩色素沈着など。

必ずしも冷蔵庫で保管する必要はなく、高温や日光を避ける程度で十分である

メーカーが実施した安定性試験において、暗所、気温30℃、相対湿度75%の条件化で、開封後毎日1滴ずつ滴下しながら成分含量等を観察した結果、「含量はわずかに低下したが、4週間までは未開封のものと比較して差はなかった」と報告されている

ただ、冷所保管が無難であることには違いない。

関連するまとめ

今をときめく! メンヘラアーティスト最前線!

古くは鬼束ちひろ、Cocco、椎名林檎などが名を連ねていたメンヘラ音楽界。 最近はどのようなアーティストがメ…

掃除嫌いの人でも日々の掃除が楽しくなる3つのマストアイテム!

掃除嫌いの人でも日々の掃除が楽しくなる3つのマストアイテム!

暮らし生活の知恵

信販系クレジットカードを使う方法!!

信販系クレジットカードには、安心感があります。もちろん、他の交通系や銀行系のカードにも安心感はあります。 で…

flower

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング