概要

房水流出促進剤として近年多く使用されているプロスタグランジン製剤である。

よく併用されるβ遮断剤点眼(チモプトールなど)は房水「産生抑制」剤である。

知識

PG点眼剤に共通する副作用に注意

メラニン産生細胞や毛根細胞に作用する

眼瞼色素沈着、眼瞼部多毛、虹彩色素沈着など。

必ずしも冷蔵庫で保管する必要はなく、高温や日光を避ける程度で十分である

メーカーが実施した安定性試験において、暗所、気温30℃、相対湿度75%の条件化で、開封後毎日1滴ずつ滴下しながら成分含量等を観察した結果、「含量はわずかに低下したが、4週間までは未開封のものと比較して差はなかった」と報告されている

ただ、冷所保管が無難であることには違いない。

関連するまとめ

ネットでサーチして調べた解離性同一障害について

DIDは、一人の人間に、明らかに異なると判断される2人以上の人格(交代反応)が存在する病態をいいます。 それ…

flower

母の日は?誕生日は?お姑さんとの付き合い方とは?

お姑さん、つまり、旦那のお母さんとの付き合い方で悩んでいる人も多いのではないでしょうか。できればうまくやって…

あり

夏はお酒が美味しい季節!二日酔いの対策と予防

これから夏がやってきてお酒が美味しい季節がやってきます。 ついつい飲みすぎて翌日起きたら二日酔いで辛い...…

カリスマキュレーター

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング