概要

知識

初回量は3mgで、2週間後に5mgに増量するのが一般的

投与開始時から1日5mgを投与した後期臨床第Ⅱ相試験では、実薬群の消化器系症状の発現率がプラセボ群に比べて7.4倍高かった

末梢でも発現したChE阻害作用により、迷走神経が刺激され消化器系症状が出現すると考えられている。

3mgを1週間投与した後に5mgに増量するという用法に変更したところ、発現頻度はプラセボ群の1.8倍に抑えられたと報告されている。

3mgは有効量ではないとされるが、実際には3mgで維持する例も多くある。

関連するまとめ

【温州みかんが発がんを抑える】 β-クリプトキサンチンのお話

β-クリプトキサンチンが発がん性を抑える効果は以前より知られていました。 今回アメリカのタフツ大学がその理由…

新旋風!?超絶肉食女子の驚きの生態とは!?

草食系男子と呼ばれる男性像が出来上がって久しいですが、それに対して現れた肉食系女子が進化を遂げ、 更に肉食度…

あり

ニッポン警察史上“最速覆面パトカー”の正体は「スーパーチャージャー搭載360馬力の本…

「260kmまでついてこられた」なんてツイートされるほど速い、速すぎる交通覆面パトカーが東京に登場した!

関連するキーワード

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング