概要

知識

初回量は3mgで、2週間後に5mgに増量するのが一般的

投与開始時から1日5mgを投与した後期臨床第Ⅱ相試験では、実薬群の消化器系症状の発現率がプラセボ群に比べて7.4倍高かった

末梢でも発現したChE阻害作用により、迷走神経が刺激され消化器系症状が出現すると考えられている。

3mgを1週間投与した後に5mgに増量するという用法に変更したところ、発現頻度はプラセボ群の1.8倍に抑えられたと報告されている。

3mgは有効量ではないとされるが、実際には3mgで維持する例も多くある。

関連するまとめ

断捨離してスッキリした生活を維持するコツ!

物を処分する基準は「ときめくか」ではなく「明らかに使う予定があるか」です。

女性の味方

生活習慣を見直す

生活や食事が乱れていると様々な病気に繋がります。そんな生活習慣を見直してみましょう!

冒険王

発売からもうすぐ100年。カルピスを生んだ三島海雲が掲げた「国利民福」って!?

1919年7月7日の七夕に発売されて以来、国民的人気を誇る 「カルピス」。カルピス産みの親である三島海雲氏の…

関連するキーワード

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング