概要

知識

初回量は3mgで、2週間後に5mgに増量するのが一般的

投与開始時から1日5mgを投与した後期臨床第Ⅱ相試験では、実薬群の消化器系症状の発現率がプラセボ群に比べて7.4倍高かった

末梢でも発現したChE阻害作用により、迷走神経が刺激され消化器系症状が出現すると考えられている。

3mgを1週間投与した後に5mgに増量するという用法に変更したところ、発現頻度はプラセボ群の1.8倍に抑えられたと報告されている。

3mgは有効量ではないとされるが、実際には3mgで維持する例も多くある。

関連するまとめ

身近な外国人!中国人の性格を知って仲良くなろう

ぜひ中国人に食事の話を聞いてあげてください、必ず盛り上がります。

flower

季節の変わり目に起こりやすい体調の変化!! それ、若年性更年期障害かも!?

急に体が熱くなったり訳もなくイライラしたり・・まだ更年期障害には早い年齢なのに季節の変わり目に多い体調の変化…

茶々子

クラリスについて

クラリスロマイシン

sindou-k

関連するキーワード

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング