概要

知識

初回量は3mgで、2週間後に5mgに増量するのが一般的

投与開始時から1日5mgを投与した後期臨床第Ⅱ相試験では、実薬群の消化器系症状の発現率がプラセボ群に比べて7.4倍高かった

末梢でも発現したChE阻害作用により、迷走神経が刺激され消化器系症状が出現すると考えられている。

3mgを1週間投与した後に5mgに増量するという用法に変更したところ、発現頻度はプラセボ群の1.8倍に抑えられたと報告されている。

3mgは有効量ではないとされるが、実際には3mgで維持する例も多くある。

関連するまとめ

服や手袋についた毛玉を、身近なもので簡単に取る方法!

お気に入りのニットや手袋などについた毛玉どうしていますか?毛玉がひどいから着れない。捨てるという方もいらっし…

暮らし生活の知恵

児童ら6人負傷事故は無罪=「危険運転罪、成立せず」―大阪地裁

社会ニュース大阪府豊中市で2015年、登校中の小学生らの列に車で突っ込むなどして6人に重軽傷を負わせたとして…

日本で見かける外来植物にはどんなものがあるの?

カミツキガメやヒアリといった外来種が話題になることも多いですが、外来種は動物だけの問題ではありません。植物の…

taro

関連するキーワード

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング