概要

知識

初回量は3mgで、2週間後に5mgに増量するのが一般的

投与開始時から1日5mgを投与した後期臨床第Ⅱ相試験では、実薬群の消化器系症状の発現率がプラセボ群に比べて7.4倍高かった

末梢でも発現したChE阻害作用により、迷走神経が刺激され消化器系症状が出現すると考えられている。

3mgを1週間投与した後に5mgに増量するという用法に変更したところ、発現頻度はプラセボ群の1.8倍に抑えられたと報告されている。

3mgは有効量ではないとされるが、実際には3mgで維持する例も多くある。

関連するまとめ

【驚愕】電子タバコ「IQOS(アイコス)」は紙巻タバコより体に悪い!?発がん性などの…

日本でも普及してきている電子タバコのIQOS(アイコス)ですが、その安全性・メリットなどに注目!

CHIE

実は女性に多い冷え性の症状と改善に役立つこと

肩凝り、生理痛、生理不順など体の様々な不調やトラブルは実は冷え性からきているかもしれません。 少し気をつける…

mino

こんな使い方が!ベビーパウダーを使った裏ワザ(衣類編)

赤ちゃんがいる家ではおなじみのベビーパウダー。最初こそ使いますが少し大きくなると使わずに結局余ったりしていま…

女性の味方

関連するキーワード

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング