概要

知識

不正出血のうち、ホルモン分泌異常に起因する「機能性子宮出血」に用いる

2種類のホルモンを同時に補充することで、排卵後の分泌期の状態を模倣し、子宮内膜を安定化させ出血を抑える。

服用開始後2~3日で止血するが、通常7~10日ほど服用を続ける。

飲みわすれたときの対応は24時間経過しているかどうかで変わる

24時間以内に気がついた場合はすぐに1回分を服用する。24時間以降であればその分は服用しない。

関連するまとめ

【6月26日】今日は何の日?露天風呂の日

6月26日は露天風呂の日です。 露天風呂の日についてご紹介します。

イベント日和

今のうちから知っておきたいフィットする入れ歯の重要性について

日本人の総入れ歯人口は約1,000万人とも言われていますそれだけ多くの人が使っている入れ歯ですが半数以上の人…

あり

あなたは知っている?日本を代表する動物たち

日本の象徴である国魚、国鳥、国蝶について紹介します。

sai

関連するキーワード

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング