概要

知識

抗てんかん剤を服用している妊婦に用いられることがある

抗てんかん剤の服用者に不足する可能性がある葉酸を補い、胎児の神経管閉鎖障害を防ぐ

バルプロ酸、フェニトイン、カルバマゼピンなど、多くの抗てんかん薬で催奇形性が確認されている。

葉酸が足りないと細胞分裂がしっかりと行われなくなることがあり、その結果として神経閉鎖障害などの先天性の障害を負うリスクが高まってしまう

葉酸はDNA合成に必要で、胎児の正常な発育には欠かせない。妊娠中にその需要が高まることが知られている。

MTX製剤による活性型葉酸の欠乏を防ぐために併用される

副作用が軽度な場合は、葉酸製剤を併用しながら、投与を継続する場合が少なくない。併用により、活性型葉酸の作用を補うことが目的である。

葉酸は核酸合成に必要不可欠である。

関連するまとめ

【6月21日】今日は何の日?スナックの日

6月21日はスナックの日です。 スナックの日についてご紹介します。

イベント日和

ちょっと待って!危険なモラハラ男性の特徴3選

一見彼女を深く愛しているように見えて、精神的なダメージを与えてくるモラハラ男性は意外に多いものです。 今回は…

女性の味方

夏はお酒が美味しい季節!二日酔いの対策と予防

これから夏がやってきてお酒が美味しい季節がやってきます。 ついつい飲みすぎて翌日起きたら二日酔いで辛い...…

カリスマキュレーター

関連するキーワード

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング