概要

知識

抗てんかん剤を服用している妊婦に用いられることがある

抗てんかん剤の服用者に不足する可能性がある葉酸を補い、胎児の神経管閉鎖障害を防ぐ

バルプロ酸、フェニトイン、カルバマゼピンなど、多くの抗てんかん薬で催奇形性が確認されている。

葉酸が足りないと細胞分裂がしっかりと行われなくなることがあり、その結果として神経閉鎖障害などの先天性の障害を負うリスクが高まってしまう

葉酸はDNA合成に必要で、胎児の正常な発育には欠かせない。妊娠中にその需要が高まることが知られている。

MTX製剤による活性型葉酸の欠乏を防ぐために併用される

副作用が軽度な場合は、葉酸製剤を併用しながら、投与を継続する場合が少なくない。併用により、活性型葉酸の作用を補うことが目的である。

葉酸は核酸合成に必要不可欠である。

関連するまとめ

これでグッスリ!快眠のために食べたい3つの食品

健康維持に重要な役割のある睡眠。 日ごろの食生活を工夫することで、ぐっすりと眠ることが可能です。 快眠のため…

ペニー

メタボリックシンドローム予防の運動!

2006年7月に厚生労働省が策定した運動指針は、 メタボリックシンドロームを 予防し健康な毎日を送るために必…

最近何だかよく眠れない…不眠症かな!?そんな不眠症を治すためには?

今回は不眠症にお悩みな方に改善方法を取り上げてみました。 ご参考にご覧ください。

関連するキーワード

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング