概要

知識

抗てんかん剤を服用している妊婦に用いられることがある

抗てんかん剤の服用者に不足する可能性がある葉酸を補い、胎児の神経管閉鎖障害を防ぐ

バルプロ酸、フェニトイン、カルバマゼピンなど、多くの抗てんかん薬で催奇形性が確認されている。

葉酸が足りないと細胞分裂がしっかりと行われなくなることがあり、その結果として神経閉鎖障害などの先天性の障害を負うリスクが高まってしまう

葉酸はDNA合成に必要で、胎児の正常な発育には欠かせない。妊娠中にその需要が高まることが知られている。

MTX製剤による活性型葉酸の欠乏を防ぐために併用される

副作用が軽度な場合は、葉酸製剤を併用しながら、投与を継続する場合が少なくない。併用により、活性型葉酸の作用を補うことが目的である。

葉酸は核酸合成に必要不可欠である。

関連するまとめ

辛さから抜け出したい!PMS(月経前症候群)の診断基準って?

多くの女性が悩むPMS。辛い症状を軽減してくれる治療をしてもらうためにはまず病院に行くことから始まります。病…

NON STYLE・井上裕介、謝罪するも大炎上! 元SKE48・佐藤聖羅との交際暴露…

芸能ニュース! 昨年12月にタクシー相手に当て逃げ事故を起こし、今年3月に復帰したお笑いコンビ・NON ST…

広瀬すずのCMでおなじみレオパレス21に集団訴訟! 契約アパートオーナーたちが告発す…

広瀬すずのCMでおなじみのレオパレス21。しかし、いま、そのレオパレス21でアパート経営をしているオーナーた…

関連するキーワード

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング