概要

知識

抗てんかん剤を服用している妊婦に用いられることがある

抗てんかん剤の服用者に不足する可能性がある葉酸を補い、胎児の神経管閉鎖障害を防ぐ

バルプロ酸、フェニトイン、カルバマゼピンなど、多くの抗てんかん薬で催奇形性が確認されている。

葉酸が足りないと細胞分裂がしっかりと行われなくなることがあり、その結果として神経閉鎖障害などの先天性の障害を負うリスクが高まってしまう

葉酸はDNA合成に必要で、胎児の正常な発育には欠かせない。妊娠中にその需要が高まることが知られている。

MTX製剤による活性型葉酸の欠乏を防ぐために併用される

副作用が軽度な場合は、葉酸製剤を併用しながら、投与を継続する場合が少なくない。併用により、活性型葉酸の作用を補うことが目的である。

葉酸は核酸合成に必要不可欠である。

関連するまとめ

ひとり暮らしの知恵袋!知って得する、お悩みの解決方法とは

ひとり暮らしでは、ほとんどが賃貸でしょう。 生活の悩みを解決する方法についてまとめてみました。

暮らし生活の知恵

【6月第3日曜日】今日は何の日?父の日

6月第3日曜日は父の日です。 父の日についてご紹介します。

イベント日和

可愛すぎるお雛様♪ペットにひな衣装【桃の節句】ひな祭り

3月3日は楽しいひな祭り!もうひな祭りはペットにも普及している!?可愛い衣装を身にまとったペットをご紹介!

h_t

関連するキーワード

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング