概要

知識

抗てんかん剤を服用している妊婦に用いられることがある

抗てんかん剤の服用者に不足する可能性がある葉酸を補い、胎児の神経管閉鎖障害を防ぐ

バルプロ酸、フェニトイン、カルバマゼピンなど、多くの抗てんかん薬で催奇形性が確認されている。

葉酸が足りないと細胞分裂がしっかりと行われなくなることがあり、その結果として神経閉鎖障害などの先天性の障害を負うリスクが高まってしまう

葉酸はDNA合成に必要で、胎児の正常な発育には欠かせない。妊娠中にその需要が高まることが知られている。

MTX製剤による活性型葉酸の欠乏を防ぐために併用される

副作用が軽度な場合は、葉酸製剤を併用しながら、投与を継続する場合が少なくない。併用により、活性型葉酸の作用を補うことが目的である。

葉酸は核酸合成に必要不可欠である。

関連するまとめ

動物園の人気者シロクマは、実は「白いクマ」ではなかった?

シロクマは実は白いクマではなく、 「白く見える」クマだったのです。 なぜ白く見えるのかについてまとめました。…

筆人

これから暖かくなる季節!生ゴミを簡単に処理する方法

もうすぐ暖かい季節がやってきますね。 そんな時期キッチンで出た生ゴミの匂いに困っていませんか? ここではお金…

暮らし生活の知恵

年収400万円は人口の25%?!今時の婚活に必要な情報

婚活をする際に、自分と同程度か自分より高い年収の水準を求める人がいますが、年収には偏りが生じやすい点に注意が…

つくくん

関連するキーワード

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング