概要

知識

尿閉患者には使用禁忌

尿閉(前立腺疾患など)のある患者には投与禁忌、排尿困難のある患者には慎重投与である。

ノルアドレナリンの増加によりα1受容体が刺激されるため。排尿機能に与える影響が比較的少ないSSRIへの変更を検討する。

前立腺肥大症の治療薬としてα1遮断薬のタムスロシン塩酸塩(ハルナール)が処方されている場合、ミルナシプランを併用することでα1受容体で作用が桔抗し、タムスロシンの薬効が減弱する可能性もある。

関連するまとめ

時計が機械式になる前はどうやって時刻を計っていたの?

時計がない時代、どうやって時刻は調べられていたのか。 みなさんは、ご存知ですか? 先日6月10日は「時の記念…

あり

狭いキッチンでも大丈夫!コンロ周りに収納スペースを設けてスッキリ片付けよう!

キッチンは沢山のものがあってごちゃっとなりやすいですね。狭いとなおさら収納にこまります。しかしちょっとした工…

まとめマスター

バレンタイン!義理チョコは手っ取り早くネットでゲット

もうすぐバレンタインですね、 義理チョコだし、買い物がめんどくさいと思っているあなたの為に&買いに行く時間な…

関連するキーワード

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング