概要

知識

尿閉患者には使用禁忌

尿閉(前立腺疾患など)のある患者には投与禁忌、排尿困難のある患者には慎重投与である。

ノルアドレナリンの増加によりα1受容体が刺激されるため。排尿機能に与える影響が比較的少ないSSRIへの変更を検討する。

前立腺肥大症の治療薬としてα1遮断薬のタムスロシン塩酸塩(ハルナール)が処方されている場合、ミルナシプランを併用することでα1受容体で作用が桔抗し、タムスロシンの薬効が減弱する可能性もある。

関連するまとめ

知って得する!生活のトラブル解決法!洗濯機、洗面所、蛍光灯編

長く生活していく中で経験する、さまざまなトラブルの解決方法についてまとめました。

大阪のみさぽ

自己破産の費用は?財産によって費用が変わることが!

自己破産するときに幾ら費用がかかるのか気になることがありました。 自己破産の手続きに必要な費用と、専門家に依…

ボニー

【衝撃事実】知らない人からお金を振り込んでもらうサイト「金くれ」が衝撃的すぎる件 /…

世の中にはいろんなサイトが存在するが、これほど衝撃的なサイトは稀といえるだろう。知らない人からお金を振り込ん…

関連するキーワード

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング