概要

知識

尿閉患者には使用禁忌

尿閉(前立腺疾患など)のある患者には投与禁忌、排尿困難のある患者には慎重投与である。

ノルアドレナリンの増加によりα1受容体が刺激されるため。排尿機能に与える影響が比較的少ないSSRIへの変更を検討する。

前立腺肥大症の治療薬としてα1遮断薬のタムスロシン塩酸塩(ハルナール)が処方されている場合、ミルナシプランを併用することでα1受容体で作用が桔抗し、タムスロシンの薬効が減弱する可能性もある。

関連するまとめ

狭い部屋を広くみせるインテリアや家具の選び方とレイアウトまとめ!

狭い部屋で暮らす際に、悩みのポイントになるのが家具を配置したら余計狭くみえる。圧迫感がある!という事が多いで…

まとめマスター

キャッシング返済の実質年率とは

利用する際は、金融商品の実質年率の確認が必須です。 実質年率方式の弱点は計算が非常に煩雑なことです。手計算で…

flower

「感謝の気持ちが伝わる!知っておきたいお中元のマナー」

お中元は、親しい人やお世話になった人に日頃の感謝を伝える、昔から大切にされてきた習わしです。中には就職や結婚…

ハムスター

関連するキーワード

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング