概要

知識

尿閉患者には使用禁忌

尿閉(前立腺疾患など)のある患者には投与禁忌、排尿困難のある患者には慎重投与である。

ノルアドレナリンの増加によりα1受容体が刺激されるため。排尿機能に与える影響が比較的少ないSSRIへの変更を検討する。

前立腺肥大症の治療薬としてα1遮断薬のタムスロシン塩酸塩(ハルナール)が処方されている場合、ミルナシプランを併用することでα1受容体で作用が桔抗し、タムスロシンの薬効が減弱する可能性もある。

関連するまとめ

朝昼晩は計画的に食事をして身体の中から綺麗になりましょう!

ダイエットには食事制限が不可欠です。ですがそんな食生活、一生続けますか?食事は生きるために必要だから朝昼晩を…

rbkg

空き巣は窓ガラスから侵入することが多い!防犯ガラスへの交換を!

防犯意識を高めるために空き巣の手口と防犯対策をご紹介

TKG

アイランドキッチンの魅力!お洒落なデザインのものが多い!

アイランドキッチンの魅力!お洒落なデザインのものが多い!

女性の味方

関連するキーワード

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング