アントシアニンとは

フラボノイドの一種で、抗酸化物質として知られる。

フラボノイドの一種で、抗酸化物質として知られる。

植物界において広く存在する色素、アントシアン(英: anthocyan、果実や花の赤、青、紫を示す水溶性色素の総称)のうち、アントシアニジン(英: anthocyanidin)がアグリコンとして糖や糖鎖と結びついた配糖体成分のこと。

「アントシアニン」はフラボノイド系の植物色素で、ブドウやリンゴ、イチゴ、ブルーベリー等の果実、ナス、シソ、マメ種子の美しい赤色や紫色の色素成分の多くはアントシアニンで構成されている。
アントシアンという青色の花の色素群 (普通酸性溶液中で紅色,アルカリ性溶液中で青色) のうち,配糖体となっている物質の総称。
アントシアニンは植物性色素で,特定の条件下で様々な色調を示します。そのため,着色を目的として古くから利用されてきましたが,近年眼精疲労改善作用をはじめとする効果・効能が数多く報告されており,アントシアニンを含む植物種の機能性に注目が集まっています。

ブルーベリーに含まれる成分として有名

古代米、ブルーベリーやアヤムラサキという種類のサツマイモに含まれている紫色の色素。

抗酸化物質ポリフェノールの一種で、視神経の働きを支えているロドプシンという色素の再合成を促して、疲れ目を改善し、視力を向上させます。活性酸素の生成を抑制し、血液をきれいにする作用もあります。

アントシアニンは目にいいとされる成分です。老眼や眼精疲労、目の病気など、目の健康が気になる人なら積極的に摂りたいですね。

アントシアニンが多く含まれている食べ物の代表として、ブルーベリーが挙げられます。

最近ではビルベリーが人気

有効成分のアントシアニンが、目に良いと言われるブルーベリーの2倍以上も含まれ、近眼の人が多い日本において、サプリメントとして利用されることが多くなっています。

ビルベリーは、ヨーロッパでは生食やジャムに使用されたりとなじみの深い果物ですが、日本ではあまり果物としては流通していません。

北欧産野生種ブルーベリー「ビルベリー」には、 青紫色の天然色素アントシアニンが一般栽培種ブルーベリーの約5倍含まれています。

購入される主な目的は「目の健康維持」

関連するまとめ

知っているようで知らない「マカ」、男女問わず、摂取したい栄養素とは

男性の精力増強のイメージが強いマカ。実は、女性にも嬉しい効果があるのです。 マカのすばらしさについて、まとめ…

女性の味方

季節の変わり目に注意! 崩し勝ちな体調の気遣い方

季節の変わり目には体調を崩し方な方が多いはずです。そんな方へ向けて、体調を崩さないために季節の変わり目に注意…

Y.Takuto

注射によるシワ取り

簡単な注射でシワ取りもできる!!

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング