グルコサミンとは

軟骨の構成成分であるムコ多糖類の一種

軟骨の構成成分であるムコ多糖類の一種

糖にアミンが結びついた成分

グリコサミノグリカンと総称される分子の主要成分であり、体内の各組織の柔軟性や弾力性に寄与しています。

もともと体内で生成され、軟骨、爪、靭帯、心臓弁などに存在していますが、年齢を重ねることで減少することがわかっています。

軟骨は、コンドロイチン硫酸やグルコサミンなどの成分で構成されています。
軟骨は、コンドロイチンやヒアルロン酸といった、N-アセチルグルコサミンを主成分とする多糖類と、コラーゲンのタンパク繊維で構成されています。
グルコサミンは魚や動物のムコ多糖類に含まれる成分で、かにやエビなどの甲殻類のキチンに多く含まれています。

購入されている主な目的は「関節痛の軽減」

関連するまとめ

知らないと損する!枕の偉大な役割と材質の選び方

枕の果たす大切な役割や、材質によってちがうそれぞれの長所や注意点についてまとめました。

青い彗星

ダイエットの強い味方!減量中におすすめの3つのおやつ

ダイエット中におすすめの3つのおやつを紹介したいと思います!

ハムスター

脇の多汗症 原因と対策について

緊張しているときなどに脇に汗をかく、いわゆる「ワキ汗」でお困りになったことはないでしょうか? その原因と対策…

オトコのミカタ

関連するキーワード

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング