グルコサミンとは

軟骨の構成成分であるムコ多糖類の一種

軟骨の構成成分であるムコ多糖類の一種

糖にアミンが結びついた成分

グリコサミノグリカンと総称される分子の主要成分であり、体内の各組織の柔軟性や弾力性に寄与しています。

もともと体内で生成され、軟骨、爪、靭帯、心臓弁などに存在していますが、年齢を重ねることで減少することがわかっています。

軟骨は、コンドロイチン硫酸やグルコサミンなどの成分で構成されています。
軟骨は、コンドロイチンやヒアルロン酸といった、N-アセチルグルコサミンを主成分とする多糖類と、コラーゲンのタンパク繊維で構成されています。
グルコサミンは魚や動物のムコ多糖類に含まれる成分で、かにやエビなどの甲殻類のキチンに多く含まれています。

購入されている主な目的は「関節痛の軽減」

関連するまとめ

その食べる順番危険!痩せやすい体を作る食べる順番とは?

痩せやすい体を作るためには日頃の食事の食べる順番が大切。その順番とコツをまとめました。

マトリックス

ダイエット中の暴飲暴食を防ぎたいならこれがおススメ

ダイエット中にありがちな暴飲暴食を防ぐためにおススメの、腹持ち系フードをご紹介します。

カリスマキュレーター

ストレス解消!自分で押せてすぐに効くツボ3選!

毎日、生きていたら何かしらのストレスがかかります。仕事や友人、恋人とのストレスなど、状況は違えど爆発してしま…

暮らし生活の知恵

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング