■冬になって増える子どものおもらし

冬場になって増えるのが、小学生・中学生の子ども、特に女の子のおもらし。においや洗濯に加え、子どもが恥ずかしい思いをするなど、色々気になることが多いと思います。

たかがおもらしとはいえ、なかなか人に相談、いじめや不登校につながるのではないかと不安を抱く方も多いのではないでしょうか?

■冬場の、小学生・中学生の子どものおもらしの原因

小学生といえど、足元に水たまりを作ってしまうのは恥ずかしいもの

子どもの冬場のおもらしの原因は多々ありますが、最大の原因は気温の低下による「発汗量の減少」と「膀胱とその周辺の筋肉の収縮」があります。
冬場は寒さで発汗量が減少し体内の水分を出す手段がおしっこしかないことに加え、少しでも体温を上げようと筋肉が収縮しやすくなるので、結果的におもらししやすくなります。

また、おしっこの量を減らそうとする「抗利尿ホルモン」も、気温が下がると分泌が減るのでおしっこの量も増えて、おもらし・おねしょをしやすくなる要因の1つとなります。

結論としては、冬場はどうしてもおもらしをしやすくなるのです。

■実は結構多い!冬場だけおむつを使う子ども

「冬におもらししやすいのは分かるけれど、何か対策は・・・」
と感じる方も多いと思います。

そんな時に活用したいのが「紙おむつ」。冬場だけおむつを使っている小学生の子どもは近年、増えてきています。特におもらししやすい女の子は小学生だけでなく中学生にもいます。

一見すると「おむつなんて恥ずかしい・・・」と思われるかもしれませんが、実は結構な数が居て、メーカー側も「ビッグより大きいサイズ」「スーパーBig」など小中学生向けの紙おむつも充実しています。

■冬場のおもらしには積極的におむつを活用しよう!

子どもにとっても、親にとっても辛く、相談もしにくい冬場のおもらし。
冬場だけでもおむつを活用して快適に過ごしましょう!

関連するまとめ

国公立大学偏差値ランキング

国公立大学の偏差値ランキングをご紹介します。 参考になれば幸いです。

オトコのミカタ

小学校一年生は放課後どのようにして過ごしているのか!?

小学校一年生が学校から帰った放課後、どのようにして過ごしているのかを私の経験を元に纏めました。

あり

小さな子供の習い事にスイミングが人気な理由

小さなお子様の習い事ランキングに常に上位に選ばれるスイミング。 一体なぜそんなにスイミングが人気なのでしょう…

暮らし生活の知恵

関連するキーワード

峠の425

主に子育てや旅行関係についてまとめていきます。
旅行会社勤務で、総合旅行業務取扱管理者・旅程管理主任者資格を所持。
国内外の子育てにも興味があります!
趣味は旅行会社勤務ということで、旅行、特に鉄道を使った旅行が大好きです!
よろしくお願いします!

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング