■おねしょ封じのお寺「薬師禅寺」

京都・嵐山、松尾大社の近くにちょっと変わったお寺があります。その名は「薬師禅寺」。臨済宗の小さなお寺ですが、実はこのお寺「おねしょ封じ」のご利益があるお地蔵さまがあるという、ちょっと変わったお寺なのです。

■おねしょ封じのお地蔵様、その由来とは?

何故、「おねしょ封じ」という変わったご利益が出てきたのかというと、かつて延暦寺で修行していた修行僧の坊主がおねしょを繰り返して兄弟子に追い出され亡くなりました。

その後、兄弟子の夢枕に立ち、「自分と同じようにおねしょの悩みをもつ人を、地蔵になった自分が救済したい」という由来から転じて「おねしょ封じ」のご利益があるとされています。

■薬師禅寺の参拝の仕方

参拝の仕方は一般的なお寺と変わりはありませんが、1つだけ変わっていることとして「おねしょの悩みで参拝する場合、数え年と同じ段数のはしごを奉納する」という点があります。

というのも、元々この地蔵堂は崖の上にあり、そこへははしごをかけて登らないといけなかったのが由来とされています。そのため、このお寺も別名として「梯子地蔵尊」と呼ばれています。

■ギャラリー

地蔵堂内部にも数多くの奉納されたはしごがあります

奉納されているはしご その1

奉納されているはしご その2

奉納されているはしご その3

■薬師禅寺へのアクセス方法

薬師禅寺へのアクセス地図

薬師禅寺へのアクセス地図

阪急嵐山線 松尾大社駅より徒歩10分

(バスの場合)
京都駅バス停(D3乗り場)から京都市交通局市営バス28系統「嵐山・大覚寺」行きに乗車し、内田町バス停下車、徒歩5分

または

京都駅バス停(C6乗り場)から京都バス73系統「苔寺・すず虫寺」行きに乗車し、内田町バス停下車、徒歩5分

※駐車場・周辺道路は狭いので公共交通機関での参拝をお願いします。

薬師禅寺の入り口。
階段を上った先に地蔵堂と本堂があります。

関連するまとめ

温泉と言えば、白濁した硫黄泉!北海道の3大硫黄泉を紹介します。

温泉のイメージは「白濁した湯」という人も多いでしょう。このようなお湯は火山の近くにあることが多く、硫黄泉で酸…

ペトウトル

持ち物にひと手間加えて便利に海外旅行を楽しもう

海外旅行となると国内旅行より日数も多くなり、その分荷物も増えますね。パスポート、ガイドブック、エアチケットや…

カリスマキュレーター

日本にもあった!青の洞窟! ~西日本編~

イタリアのカプリ島にある海洞窟が有名な青の洞窟ですが! なんと!日本にもあります!しかも全国各地に! そこで…

rrra

関連するキーワード

峠の425

主に子育てや旅行関係についてまとめていきます。
旅行会社勤務で、総合旅行業務取扱管理者・旅程管理主任者資格を所持。
国内外の子育てにも興味があります!
趣味は旅行会社勤務ということで、旅行、特に鉄道を使った旅行が大好きです!
よろしくお願いします!

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング