社畜(しゃちく)とは

社畜(しゃちく)とは、主に日本で、勤めている会社に飼い慣らされてしまい自分の意思と良心を放棄し奴隷(家畜)と化したサラリーマンの状態を揶揄したものである。「会社+家畜」から来た造語で、「会社人間」や「企業戦士」などよりも、皮肉が強く込められている言葉である。

英語圏では同様の概念として「wage slave」(賃金奴隷)が存在する。

社畜(しゃちく:学名 Karoshi Shachicus、 Capitalism's Livestock)とは、哺乳網霊長目ヒト科の動物で、ヒトを会社が飼い慣らしやすいようにカイゼンした働く動物達の総称である。忍耐力が強く、過酷な環境への適応性が高く善悪の命令とおだてると喜んで動くため飼育は容易である。主に日本で飼育が盛んだが、一部は海外にも輸出されている。最近では海外にも棲息していることが確認されている。

ホリエモン「あれこそまさに社畜」有給休暇を取らない日本人

出典:YouTube

悲しい社畜画像

参考

関連するまとめ

「シーツを血まみれにするのだけはやめてほしい…」民泊代行業者が明かす仰天トラブル

これまで『週刊SPA!』でもたびたび取り上げてきた民泊ビジネス。昨年、民泊サービスを仲介するサイト「Airb…

一次面接で落ちる人の特徴!面接で気を付けたいポイントとは

就職活動において、一次面接で落ちる人の特徴と面接時に気を付けたいポイントについてまとめました。

rrra

インフレターゲットとは

知っておきたい日本経済のキーワード

sindou-k

関連するキーワード

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング