鳩サブレー/豊島屋

言うまでもない、鎌倉の代表格名物鳩サブレー。老舗豊島屋の提供する、一枚でもどっしりとボリュームのある食べごたえです。

その味へのこだわりも、遡ること100年。

明治27年生まれの鳩サブレーは地元鎌倉市民にはもちろんのこと、
観光客に愛され続けてきたロングセラー商品となりました。

バター味を濃厚に効かせたハイカラ鎌倉お菓子として、
現在もなお変わらないよさを伝え続けています。

鳩サブレーワンポイントコラム:さらにかわいらしいミニアイテム陣にも注目♪

マグネットやレターセット、手鏡など、鳩サブのミニアイテムたちも人気を集め続けています。

どれもが眺めているだけでも愉しく、それぞれに豊島屋さんのセンスと同時に遊び心の方も垣間見られるアイテムが揃っています。

写真の鳩サブレーマグネットは、自宅の冷蔵庫やオフィスにパチリ★と貼り付けてみても注目を浴びるワンポイント・アイテム。このミニサイズが健気でたいへんかわいらしい一品です♪

続いては、鳩サブレーミラー。鳩サブの形をしたこちらにいたっては、一見本物そのもののような激似度!

色合いといい、サブレー生地の質感といい、よくぞここまで再現したものと唸ってしまう仕上がりです。

本物のサブレーをこの激似ミラーのとなりに置かれたら、間違えないようご注意を(笑)。

慎ましくもお上品に・・・♡鳩サブパッケージにも注目。

両サイドが反った定番の黄色パッケージデザインは、あまりにも有名ですね。鳩サブレーといえばコレ!というこのパッケージに、豊島屋老舗の味が長らく包まれてきました。

おすまし顔のピンクパッケージ鳩さん♡

鳩サブレーと言えば、特徴的な形をした定番の黄色い箱がメジャーですね。その傍ら、ピンクの箱編、おすまし顔のお上品バージョンも同様に、今やかなり馴染みのあるパッケージとなっています。

鳩のシンプルなデザインでありながらにして、鎌倉スイーツにふさわしいお上品さと優雅さがうまいこと表現された一品。まさに慎ましやかな華やかさが感じられ、老舗豊島屋さんのセンスのよさを垣間見ることができます。

半月/鎌倉五郎本店

お上品な味わい。ぱりんと軽やかな歯ごたえが食べやすく、今や名物鳩サブレーと並ぶ鎌倉スイーツ横綱級の存在感を見せてくれています。

小倉と抹茶味が定番ですが、ピーナッツやごま味、あんず味、ゆず風味など季節限定の味や姉妹商品にもぜひ注目を。お茶にもコーヒーにも合う半月です。

お供の一例。こんなふうにお茶や珈琲など飲み物に添えるだけでお上品な半月。絵になります!

生シェルパイ&シェルジャン/イル・ド・ショコラ

チョコレート専門店イル・ド・ショコラ発、チョコ&パイ生地食感のアンサンブル。

その代表格は、湘南鎌倉の海を思わせる貝殻の形をしたシェルチョコパイ。

生シェルパイの上質なクロワッサン生地に包まれているのは、バニラやチョコなどの濃厚な生クリーム。

これに対してシェルジャンの中身はチョコチップ、レーズン、オレンジピールの3種類があります。こちらはしっとりしたパイ生地の軽やかな味わい。

シェルジャン、おいしさの秘密、パイ生地にアリ

発酵バター&プレーンバターの2種類のバターをブレンドしたパイ生地の中に、ふわっとしたアーモンドケーキを参加させて焼き上げているシェルジャン。一度食べたらやみつきになるような、不思議と忘れられないおいしさのヒミツはココに。

シッカリとしたコクがありながらもしつこくなく、アッサリめの後味を残すという絶妙な味わいに仕上がっています。イル・ド・ショコラのシェフが年月をかけて完成させた味は、ここにこそ宿っているのです♡

まとめ

古都のお上品なスイーツが次々と生まれ続ける鎌倉。それだけに、鎌倉スイーツはここだけで紹介し切れないほど多くあります。

それぞれに特徴や持ち味の違ったよさのある、鎌倉スイーツ。現在もなお新しく生まれ続けては観光客や鎌倉ファンの人気を集め、ご当地お土産スイーツとして定着し続けることでしょう。

人気を呼ぶのもナットクの食べごたえを、折に触れてぜひサクッと味わってみてください♪

関連するキーワード

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング