プロ野球のセ・リーグのクライマックシリーズへの出場をかけ、チームが熾烈な戦いをしています。
その2つのチームはDeNAベイスターズと、読売ジャイアンツです。

2017年のプロ野球もセ・リーグ、パ・リーグともに優勝チームが決定し、残りはクライマックスシリーズ出場をかけた試合が続きます。
パ・リーグについては、残り試合数を考慮すると現在、3位の楽天までが確定かと思いますので、ソフトバンク、西武ライオンズ、楽天の3チームになるかと思います。

一方、セ・リーグは広島が優勝し、残りのクライマックスシリーズの席は2つです。
現在2位の阪神はこのまま5割程度の勝率で2位が確定します。
しかし、3位争いをしているDeNAベイスターズと、勝率で1厘差の4位(2017年9月21日時点)の読売ジャイアンツによる、一進一退の抵抗が続いています。
現状、残り10試合程度、両チームともに全勝をする勢いで戦わねばなりません。

DeNAはラミレス監督のもと、選手が自由にプレイをしているように見え、勢いがつくと止まらない性質があります。

また読売ジャイアンツも、途中シーズンで球団記録である12連敗があったものの、2番にマギー選手を起票したことにより、打力が厚みがでてきて、最近では4位までに
こぎつけています。

ではどちらが勝算があるかと言いますと、今の勢いから言えば、DeNAベイスターズと言えます。
残り試合数も読売ジャイアンツよりも多いことから、少し有利であると思います。
さらに、投手陣における絶対なクローザー、及び筒香選手を中心とした打線には大変勢いがありますので、読売ジャイアンツよりも勝率からみても、DeNAの方がクライ
マックスシリーズに参加する確率が高いものです。

関連するまとめ

アジア・ラグビー・チャンピオンシップ初戦、日本敵地で韓国に勝利も・・・

韓国・仁川で行われたアジア・ラグビー・チャンピオンシップ2017の初戦、韓国戦についてまとめました。

スポーツマン

バレーボール全日本男子の宝「石川祐希」今年もイタリアで武者修行

日本中が期待っ! 全日本男子バレーボールの若きエース、石川祐希選手のまとめ!!

ペニー

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング