団三郎狸

佐渡島に伝わっている化け狸で、「団三郎狢」とも呼ばれます。団三郎狸が追い払ったため、佐渡島には狐がいないとも言われています。
団三郎狸は蜃気楼で人を惑わせたり木の葉をお金に変えたりといった悪事を働く一方で、困窮している人には金を貸すなど善行もなしていたようです。
相川下戸村にある二ツ岩大明神には団三郎狸が祀られています。

芝右衛門狸

淡路島に住んでいたという化け狸で、人に化けて芝居見物に行った際に犬に噛まれて死んでしまったと言われています。妖怪ファンにはおなじみの江戸時代に書かれた奇談集『絵本百物語』にも登場しており、京極夏彦の小説『巷説百物語』の題材にもなりました。
芝居が好きであった芝右衛門狸を芝居小屋に祀ると客の入りが良くなったという逸話があり、洲本城跡にある芝右衛門狸の祠は、藤山寛美や片岡仁左衛門といった役者の寄進によって建てられたものです。

太三郎狸

香川県の屋島に住んでいたという化け狸で、「屋島の禿狸」とも呼ばれます。眷属を集めて、幻術で源平合戦の様子を見せたという伝説が残っています。屋島寺には太三郎狸を祀る蓑山大明神があります。
スタジオジブリのアニメ映画『平成狸合戦ぽんぽこ』にも登場しました。
なお、四国は狸の本場と言われており、太三郎狸の他にも阿波狸合戦や松山騒動八百八狸物語など、化け狸にまつわる伝承が多く残っています。

関連するまとめ

北海道のおすすめ秘湯は?行くのが困難なところも!

北海道旅行の楽しみの一つとして温泉があります。 北海道のあちこちで温泉が噴出していますが、中には行くのが困難…

ハムスター

大学生向けゴールデンウィークの過ごし方!

9日間の長い休みを利用した大学生にオススメのゴールデンウィークの過ごし方を教えます!

あり

台東区の温泉なら江戸時代から続く温泉銭湯「蛇骨湯」がおすすめ!

台東区の江戸時代から続く温泉銭湯「蛇骨湯」についてご紹介します

旅人

関連するキーワード

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング