ホルモンの影響

妊娠初期に、出産準備のため『リラキシン』と呼ばれる卵巣ホルモンが分泌されます。このリラキシンは出産時に赤ちゃんが産道を通りやすいよう、関節や骨盤を緩める作用があります。その緩んだ部分を他の筋肉で支えようとするために腰痛が引き起こされてしまうのです。

姿勢の変化

妊娠をすると約10キロほど体重が増えていきます。すると、自然と以前とは違う姿勢を取るようになります。と言うのも、特にお腹周りの体重バランスが変わり、重心が前目になってくるのです。その前目になった重心を背中の筋肉で支え、バランスと取ろうと後方へ体重移動を行うために背中が緊張状態になり腰痛へとつながっていきます。

精神的ストレス

人間だれしも心理的に不安になると身体がこわばり、全身の筋肉が張りつめることで肩こりや腰痛になりますよね。
妊娠中も出産までに様々な悩みがお母さんを襲います。無意識のうちに腰痛の原因を抱えてしまっているのです。

まとめのことば

いかがでしたでしょうか。
これまでに腰痛とは無縁であった方でも妊娠を機に腰痛になる確率が非常に高くなります。ホルモンの影響や姿勢の変化は仕方のない部分もありますが、精神的ストレスに関しては意識的に改善する余地あるかと思います。お散歩など気分転換をしてストレス発散に努めましょう。

関連するまとめ

日本都道府県を子供と簡単に楽しく覚える方法

今は小さい子用の地図絵本もありますので小さい頃からでも十分覚えられますよ。

flower

ランドセルの人気色と選ぶポイントを紹介します!

一昔前と違って、男の子も女の子も、好きな色・デザインが選べるランドセル。 そのバリエーションは豊富で、選ぶの…

大阪のみさぽ

中学生へのスマホの危険性

スマホを使っている中学生が最近多くなってきているので使い方を間違えてしまうと体に異変が起こることについてまと…

ボニー

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング