ホルモンの影響

妊娠初期に、出産準備のため『リラキシン』と呼ばれる卵巣ホルモンが分泌されます。このリラキシンは出産時に赤ちゃんが産道を通りやすいよう、関節や骨盤を緩める作用があります。その緩んだ部分を他の筋肉で支えようとするために腰痛が引き起こされてしまうのです。

姿勢の変化

妊娠をすると約10キロほど体重が増えていきます。すると、自然と以前とは違う姿勢を取るようになります。と言うのも、特にお腹周りの体重バランスが変わり、重心が前目になってくるのです。その前目になった重心を背中の筋肉で支え、バランスと取ろうと後方へ体重移動を行うために背中が緊張状態になり腰痛へとつながっていきます。

精神的ストレス

人間だれしも心理的に不安になると身体がこわばり、全身の筋肉が張りつめることで肩こりや腰痛になりますよね。
妊娠中も出産までに様々な悩みがお母さんを襲います。無意識のうちに腰痛の原因を抱えてしまっているのです。

まとめのことば

いかがでしたでしょうか。
これまでに腰痛とは無縁であった方でも妊娠を機に腰痛になる確率が非常に高くなります。ホルモンの影響や姿勢の変化は仕方のない部分もありますが、精神的ストレスに関しては意識的に改善する余地あるかと思います。お散歩など気分転換をしてストレス発散に努めましょう。

関連するまとめ

絶滅危惧種?いや有形文化財!バンカラ応援団!【その2】

ブラバンに負けじと頑張っているバンカラ応援団! そこでバンカラ応援団の高校をまとめました。

筆人

勉強しない小学生…進んで勉強ができるようになるコツとは?

「勉強しなさい」といくら言っても全く勉強しなくて困っている…というお母さんは多いはず。 確かに、勉強せずにゲ…

暮らし生活の知恵

赤ちゃんが歩き始めたら!気をつけたい3つのポイント

1歳ころには歩き始める赤ちゃんですが、そんな歩き始めにおいて気をつけたいポイントを紹介します。

リカ

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング