アクセス情報

近江鉄道多賀線の終着駅である多賀大社前駅で下車し、10分ほど歩けば多賀大社に到着できます。
車を利用する場合は、名神彦根インターチェンジより約10分、湖東三山スマートインターチェンジより約15分です。

神仏習合の歴史

神仏習合が盛んだった室町時代には、多賀大社(当時は多賀大明神)には神宮寺として天台宗の寺院である不動院が建てられました。不動院の使僧は「坊人」と呼ばれ、彼らが御札を配り歩いたことによって多くの庶民が参詣するようになりました。
明治時代の神仏分離によって神宮寺は無くなりましたが、かつて坊人が使っていた垂迹曼荼羅が残されています。

豊臣秀吉との関係

豊臣秀吉は多賀大社を厚く信仰しており、母親である大政所の延命を祈願し、一万石を寄進しました。名勝に指定されている奥書院庭園は、この寄進により造られたと言われています。また、境内の正面にある太鼓橋は太閤秀吉にちなんで「太閤橋」と呼ばれます。
境内では春には枝垂れ桜が花を咲かせ、秋には紅葉で美しく彩られます。

お多賀杓子

多賀神社のお守りとして有名なのがお多賀杓子です。元正天皇が病気になった時、多賀神社の神主がシデの杓子を強飯に添えて献上したことで快癒したという逸話にちなみます。
ちなみに、お多賀杓子がカエルの子供を指す「オタマジャクシ」の語源となったと言われています。

関連するまとめ

岡山県のお土産ご紹介!喜ばれること間違いなし!

岡山県のお土産品を紹介したいと思います。 もらって嬉しい、送って間違いなしの商品だと思うものをまとめてみまし…

TKG

知っておいて損なし!日本の三大花火大会まとめ

夏といえば、全国各地で花火大会が行われます。 その中でも特に有名な三大花火大会をまとめました。

日本大好き

ゴールデンウィークは、意外な穴場スポットが人気です

ゴールデンウィークの行き場所について、まとめてみました。意外な穴場スポット、楽しみ方として遠方エリアがオスス…

ボニー

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング