ヒカリキノコバエ

ヒカリキノコバエはハエ目に属する昆虫で、「土ボタル」と呼ばれることもあります。
幼虫は洞窟に生息しており、ルシフェリンという物質を使って光を放ちます。そして、この光に引き寄せられてきた虫を粘液で絡め取って食べてしまうのです。獲物となる虫にとっては恐ろしい存在ですが、洞窟の天井で光を放つ様は美しく、オーストラリアとニュージーランドでは観光資源となっています。

ダルマザメ

深海に棲む生物の中には発光器官を持つものが多いですが、ダルマザメもその一つです。腹部に発光器官があり、下からだと表層から射し込む光に紛れて見えにくくなります。これをカウンターイルミネーションと言います。
ちなみにダルマザメはノコギリのような歯を持っており、マグロやイルカなど、自分よりも大きい動物の肉をえぐり取るようにして食べることができます。

ツキヨタケ

発光する生物は動物だけではありません。菌類であるキノコの中にも発光するものがありますが、その一つがツキヨタケです。ランプテロフラビンという物質によって発光するのですが、暗闇の中で緑色の光を放つ姿は幻想的です。
なお、ツキヨタケは毒キノコで、食べると嘔吐や下痢などの症状が出ます。ヒラタケなどの食べられるキノコと似ているため、キノコ狩りの際にはくれぐれも気をつけて下さい。

関連するまとめ

重曹で簡単、調理器具の汚れやお手入方法とは

重曹は、体内にもある成分で、安心してキッチンで、使用できます。 調理器具やお手入れ方法についてまとめてみまし…

暮らし生活の知恵

経済的な負担をなるべく抑えて子供の為のイベントをするには

結婚して子供が多くいると、なかなか贅沢な旅行はしづらいものですが、その中でも子供も喜ぶイベントをご紹介します…

rrra

住宅ローンの借り換えを長期固定金利に!!

残債の減り具合と、毎月の返済額の差をしっかりと計算して安心な返済を心がけてください。

flower

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング