ヒカリキノコバエ

ヒカリキノコバエはハエ目に属する昆虫で、「土ボタル」と呼ばれることもあります。
幼虫は洞窟に生息しており、ルシフェリンという物質を使って光を放ちます。そして、この光に引き寄せられてきた虫を粘液で絡め取って食べてしまうのです。獲物となる虫にとっては恐ろしい存在ですが、洞窟の天井で光を放つ様は美しく、オーストラリアとニュージーランドでは観光資源となっています。

ダルマザメ

深海に棲む生物の中には発光器官を持つものが多いですが、ダルマザメもその一つです。腹部に発光器官があり、下からだと表層から射し込む光に紛れて見えにくくなります。これをカウンターイルミネーションと言います。
ちなみにダルマザメはノコギリのような歯を持っており、マグロやイルカなど、自分よりも大きい動物の肉をえぐり取るようにして食べることができます。

ツキヨタケ

発光する生物は動物だけではありません。菌類であるキノコの中にも発光するものがありますが、その一つがツキヨタケです。ランプテロフラビンという物質によって発光するのですが、暗闇の中で緑色の光を放つ姿は幻想的です。
なお、ツキヨタケは毒キノコで、食べると嘔吐や下痢などの症状が出ます。ヒラタケなどの食べられるキノコと似ているため、キノコ狩りの際にはくれぐれも気をつけて下さい。

関連するまとめ

2017年、ホワイトデーのお返しは何にしよう? 彼女・友人編

お返しを期待している女性も多いので、日頃の感謝の意味もこめてプレゼントしてみてはいかがでしょうか? でも、…

イベント日和

私たちが必要としている一般の道路について

私たちが必要としている一般の道路について

mino

日本の人口が2000人に??楽観視できない日本の少子化

人口減少や少子高齢化について、統計局や人口研究所のデータをもとにまとめてみました。

sai

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング