ヒカリキノコバエ

ヒカリキノコバエはハエ目に属する昆虫で、「土ボタル」と呼ばれることもあります。
幼虫は洞窟に生息しており、ルシフェリンという物質を使って光を放ちます。そして、この光に引き寄せられてきた虫を粘液で絡め取って食べてしまうのです。獲物となる虫にとっては恐ろしい存在ですが、洞窟の天井で光を放つ様は美しく、オーストラリアとニュージーランドでは観光資源となっています。

ダルマザメ

深海に棲む生物の中には発光器官を持つものが多いですが、ダルマザメもその一つです。腹部に発光器官があり、下からだと表層から射し込む光に紛れて見えにくくなります。これをカウンターイルミネーションと言います。
ちなみにダルマザメはノコギリのような歯を持っており、マグロやイルカなど、自分よりも大きい動物の肉をえぐり取るようにして食べることができます。

ツキヨタケ

発光する生物は動物だけではありません。菌類であるキノコの中にも発光するものがありますが、その一つがツキヨタケです。ランプテロフラビンという物質によって発光するのですが、暗闇の中で緑色の光を放つ姿は幻想的です。
なお、ツキヨタケは毒キノコで、食べると嘔吐や下痢などの症状が出ます。ヒラタケなどの食べられるキノコと似ているため、キノコ狩りの際にはくれぐれも気をつけて下さい。

関連するまとめ

生活に直接役立つ!便利なスマホアプリ3選

病院や探し物など、いつもの生活によくある場面で役立つ便利なスマホアプリを紹介します。

Y.Takuto

『え!』携帯電話やスマホから聞こえる声は「本人の声」ではなく「合成音」

携帯やスマホから聞こえる声は、「本人の声」ではないって、話を知っているだろうか?  ではいったい誰の声? 実…

汚部屋にリバウンドしないための5つのポイント!

片付けても片付けても気づいたらなぜか汚部屋になっている。こんなお悩みに効果的な5つのポイントをご紹介します。

カリスマキュレーター

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング