電子ブックリーダーってどんな端末?

電子ブックリーダーは、電子書籍を読むことに特化した端末です。
紙のような質感のディスプレイの上で、電子的な制御でインクを移動させることでコンテンツを表示する端末です。
特徴はパソコンやスマートフォン、タブレットなどの端末と比べて目に優しく、長時間読書しても目が疲れないことです。
読書を目的とした端末のため、動画を再生したり音楽を再聖羽する機能はなく、ストレージの容量も4GB程度と少なめなのも特徴です。
機能が限定されていることもあり、新品の価格で約1万円~3万円程度となっており、気軽に購入しやすい端末です。

電子ブックリーダーで楽しめるコンテンツとは?

電子ブックリーダーで楽しめるコンテンツは、主にテキスト主体の電子書籍と呼ばれるコンテンツです。
大手の出版社は紙の本を出版すると同時に電子書籍版も同時にリリースすることが多く、本屋さんで買える本のかなりの数が電子書籍化されています。
テキストのみの活字の電子ブックだけでなくマンガ作品も多く、マンガ雑誌やコミックス単行本を読んでいる感覚を忠実に再現しています。
また、USBケーブルでパソコンに接続することで、PDFファイルをインポートして閲覧することもできます。
仕事の資料などのPDFファイルを長時間読んだり、自分が入力したテキストをPDFにして読むといった使い方もできます。

どんなメーカーが端末を販売しているの?

現在日本で購入できる電子ブックリーダーは、アマゾンが販売しているKindle(キンドル)シリーズと、楽天グループが販売しているKobo(コボ)シリーズの2種類が圧倒的なシェアを占めています。
アマゾンのKindleは電子ブックリーダーの元祖とも言える存在ですし、楽天グループは日本人としては馴染み深いですよね。
アマゾンと楽天では、それぞれ電子書籍のオンラインショップも独立していますが、販売されている電子書籍の豊富さは同じぐらいです。

まとめ

今回は電子ブックリーダーについてご紹介しました。
楽天グループやアマゾンが販売していると聞くと、とても身近に感じられるのではないでしょうか?
本を読むのが好きな人や、色んなことを勉強して知識をつけたい学生さんなど、幅広い人達におすすめできる端末です。

関連するまとめ

MVNOのサービスはこれだけ違う!自分に合った格安SIMを見つける

MVNOと呼ばれる格安SIMを提供する企業が続々増えてきましたが、どこを選べば良いのかと悩む方も多いのではな…

専門君

どんな車にも変身するブラックバードという黒い車

映画でカーチェイスをさせるときは、その車をまず手に入れる必要があります。撮影で壊れたり傷ついたりすれば、それ…

カリスマキュレーター

インターネットを密かに支える海底ケーブル

インターネットは海を越えて地球の裏側の情報も簡単に入手できます。それは海底ケーブルのおかげなのです。

mino

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング