ジャイアントパンダ

世界三大珍獣の中でも最も有名なのがジャイアントパンダでしょう。中国に生息するクマ科の動物で、白黒の体毛が特徴です。竹以外に、果実や小動物を食べることもあります。
2017年6月には上野動物園で赤ちゃんが誕生して話題になりました。
「パンダ」と名の付く動物には他にレッサーパンダもいます。ジャイアントパンダとレッサーパンダはかつては近縁だと考えられていましたが、現在では別系統の動物であることがわかっています。

オカピ

オカピはコンゴ民主共和国に生息する動物で、一見ウマの仲間のようにも見えますがキリン科に属します。キリン同様、長い舌が特徴の一つです。
脚にのみ縞模様が入っており、その美しさから「森の貴婦人」と呼ばれることもあります。
日本では上野動物園、横浜市立金沢動物園、よこはま動物園ズーラシアで飼育されています。

コビトカバ

コビトカバはカバ科に属する動物で、その名の通り普通のカバよりも小型です。
ギニアやシエラレオネなどに分布しており、沼地や森林などに生息しています。乱獲や環境破壊などにより生息数が減っており、ナイジェリアでは絶滅してしまいました。
日本では上野動物園、いしかわ動物園、アドベンチャーワールド、東山動物園で飼育されています。つまり、上野動物園に行けば世界三大珍獣をすべて見られるというわけですね。

関連するまとめ

【男性必見】育毛のための栄養素!!

今回は育毛のための栄養素について 取り上げてみました。 ご参考にしてみてはいががでしょうか。

【シンギュラリティ】コンピュータが人を越える日【破滅か、救済か】

コンピュータが人を越える地点のことをシンギュラリティ(技術特異点)と言います。シンギュラリティにおいて人類を…

あり

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング