妊娠して喜ぶのも束の間、悪阻の症状に悩まされる妊婦さんは多いと思います。
悪阻は赤ちゃんな元気なしるしと言われますが、吐き気やふと香る匂いに吐いてしまったり、出産するまで吐き気が続く人もいるなど悪阻にはだいぶ個人差があるため、自分なりの対処法や軽減できるものを見つけるのも大事なことかもしれません。

悪阻でも水分補給は大切です。

中々口にすることが出来ないかもしれませんがレモンはの香りはリフレッシュ効果があり、ストレスを緩和してくれる効果もあります。
炭酸水は、悪阻中でもスッキリとする人が多いと言われています。清涼飲料水は糖分が多いので炭酸水にポッカレモンなどを入れて飲んだりするのも良いでしょう。
是非試してみてください。

中々食べたいものが見つからないことも多いのが悪阻の特徴ですが食べたいものを食べたい時に口にしましょう。
小さなお握りを持参して持ち歩いたり、食事を回数を分けて少しずつ食べたりするのもよいでしょう。
赤ちゃんのために栄養面を気にして無理に食べる人もいますが、母体に蓄えられた栄養で成長するため妊娠初期はそれほど栄養不足を気にする必要はありませんので口にできるものを食べてください。
グミやお気に入りのガムなどを口にしたりするのも悪阻の軽減に繋がる人が多いです。

妊娠初期は、自分の想像以上に体が変化していきます。

疲れたら横になったり、体調が悪いときは無理をせずにゆっくり横になるだけでつわりも軽減できます。
身体を大事にして貴重な妊娠生活を満喫してくださいね。

関連するまとめ

どうしたらいい?小学生の宿泊行事におけるおむつ選び

入学・進級から2か月が経ち、そろそろ学校によっては林間学校やグリーンスクールなど、宿泊を伴う学校行事が行われ…

峠の425

実は深刻!小学生以降に起こる「赤ちゃん返り」

弟や妹など、年下のきょうだいが出来ると、幼児期の年上の子に起きることがよくある「赤ちゃん返り」。でも、小学校…

マトリックス

京都で合格祈願なら北野天満宮で決まり!!

北野天満宮は、地元の人たちには「天神さん」と呼ばれ、多くの人たちに親しまれている神社です。 北野天満宮は、全…

flower

関連するキーワード

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング