「天才数学者、アラン・チューリングについて」

 アラン・チューリングは1912年6月23日にイギリス・ロンドンに生まれた数学者です。あまり有名ではありませんが彼の功績は現代のわれわれの生活に大きな影響を与えています。今回はそんな天才数学者・アラン・チューリングの業績と波乱に満ちた人生について紹介していきたいと思います。

1.「チューリングマシン」の考案

アランチューリングがコンピュータの生みの親と呼ばれるのがこの「チューリングマシン」が理由となっています。チューリングマシンは当時は計算を行うための機会のモデルでしたが、この理論が現代のコンピュータの元となっています。彼が「コンピュータの父」と呼ばれているのはそのためです。

2.エニグマ暗号機の解読

 第二次世界大戦のナチスドイツが開発した暗号機「エニグマ」を解読するために、暗号解読マシンである「ボンバ」を開発しました。当時、世界最高の完成度を誇っていたエニグマを解読することに成功し、ドイツ軍の侵攻を食い止めることに成功しました。この功績によって第二次世界大戦の終結が早められたともいわれています。

3.同性愛による告発

戦後、アランチューリングは当時イギリスでは有罪だった同性愛の罪により逮捕されてしまいます。その結果有罪になり、性欲を抑えるために女性ホルモン注射を投与するという科学的去勢を受けることになります。その後、彼は自宅にて自殺(諸説あり)によって死亡してしまいます。

関連するまとめ

漢字が苦手な小学生が楽しく覚えられる方法【親御さん必見】

小学生になれば漢字の学習が始まります。一年生は比較的簡単な漢字ばかりで習う数も少ないので、漢字のテストでは1…

ペニー

【必見!】小学生から始める「トイレトレーニング」

近年、「おむつなし育児」など、早い時期からのおむつはずれが行われるようになってきましたが、実はトイレトレーニ…

峠の425

高齢出産急増。何歳で産むのを諦めますか?

ネットの芸能ニュースでも高齢出産の方が増えています。私の友人たちの多くも高齢出産です。そこで、高齢出産につい…

あり

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング