「天才数学者、アラン・チューリングについて」

 アラン・チューリングは1912年6月23日にイギリス・ロンドンに生まれた数学者です。あまり有名ではありませんが彼の功績は現代のわれわれの生活に大きな影響を与えています。今回はそんな天才数学者・アラン・チューリングの業績と波乱に満ちた人生について紹介していきたいと思います。

1.「チューリングマシン」の考案

アランチューリングがコンピュータの生みの親と呼ばれるのがこの「チューリングマシン」が理由となっています。チューリングマシンは当時は計算を行うための機会のモデルでしたが、この理論が現代のコンピュータの元となっています。彼が「コンピュータの父」と呼ばれているのはそのためです。

2.エニグマ暗号機の解読

 第二次世界大戦のナチスドイツが開発した暗号機「エニグマ」を解読するために、暗号解読マシンである「ボンバ」を開発しました。当時、世界最高の完成度を誇っていたエニグマを解読することに成功し、ドイツ軍の侵攻を食い止めることに成功しました。この功績によって第二次世界大戦の終結が早められたともいわれています。

3.同性愛による告発

戦後、アランチューリングは当時イギリスでは有罪だった同性愛の罪により逮捕されてしまいます。その結果有罪になり、性欲を抑えるために女性ホルモン注射を投与するという科学的去勢を受けることになります。その後、彼は自宅にて自殺(諸説あり)によって死亡してしまいます。

関連するまとめ

大学入試センター試験、早めに勉強の習慣をつくろう!

大学入試センター試験があります。様々な強化があって、自身の進路に応じて選んで受験します。そのための準備は若い…

あり

PTA役員は面倒?!PTA役員の3つのメリット

新学期が始まり、PTA役員になったママさんもいらっしゃると思います。 PTA役員って面倒・大変・疲れる!とい…

ボニー

受験や部活に!イメージトレーニングとその効果

受験や部活活動に いまや科学的にも証明されている イメージトレーニング

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング