神の子池とは

「神の子池」は、北海道「摩周湖」の北側にある、湧水の池です。摩周湖や、その周辺に降った雨水は地下を通り、神の子池で湧水となって地上に出ています。その湧水量は、1日「12000t」という豊富なものです。周囲220m程の小さい池ですが、深さは5m位のところもあり、意外と深いです。また、池の中には倒木が沈んでいますが、水温は8度程しかないため、腐らないで残っています。湧水で巻き上げられた火山灰の土が、太陽光線の青色を反射するため、エメラルドブルーの水面になるようです。

神の子池まで行くには

神の子池へ行くには、公共の交通機関はありませんので、レンタカーを利用する必要があります。「女満別空港」や「中標津空港」、「JR網走駅」でレンタカーを借りると良いでしょう。神の子池の近くまでは舗装道路で問題はないのですが、最後の2kmは未舗装路です。ダート走行に不慣れな人は慎重に運転してください。

オショロコマ

神の子池には、日本の在来種の「オショロコマ」が生息しています。オショロコマは岩魚の仲間で、北海道だけに棲んでいます。冷たい水を好み、どの魚よりも上流に棲んでいます。神の子池はオショロコマの生息に十分適した場所で、池の中で泳ぐ姿を目にすることができるでしょう。このほか、知床半島にかけてオショロコマは生息していますが、近年の環境の悪化と、外来種「ニジマス」により、生息が危ぶまれています。そっと優しく見守ってください。

神の子池 まとめ

いかがでしたか?神の子池は神秘的な姿であるため、パワースポットとしても人気があります。神の子池の観光だけだとすぐ終わってしまうので、周辺の「摩周湖」「屈斜路湖」「知床」など、いろいろ組み合わせて観光に訪れると良いでしょう。

関連するまとめ

青森県の霊場恐山、怖いけど、気になるひとへ

恐山、霊が集まる場所、あの世に近いところ、など、恐れ多いイメージがあり、 何とも近寄りがたい場所であります。…

ハムスター

行楽シーズンに行きたい!コスパのイイ遊び場【関東編】

これからの秋は行楽シーズンでよね。でもお金はかけたくないし…。そこで今回は、コスパの良い関東の遊び場を3つピ…

sai

食べに行こまい!わざわざ食べに行く価値ありの名古屋めし3選!

関東でも関西でもない名古屋では独特の食文化が築かれてきました。今回はそんなわざわざ食べに行きたい「名古屋めし…

ハムスター

関連するキーワード

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング