恋愛において会って直接話をしたり、電話をしたりするなどは恋愛の出来不出来を大きく左右するコミュニケーションですよね。そんな中「LINE」もその中に入ってきます。文字だけのツールだからこそ、自分の意図が相手に伝わらなかったり、相手に誤解を与えてしまったりしてしまうモノです。そして、LINEの送り方によっては男性からこの子は無いな、と思われてしまうことだってあります。そういったことを回避するために今回は恋愛においてNGなLINEについて紹介していきたいと思います。

1.スタンプや絵文字が一切ない

 LINEではスタンプや絵文字などを使うことで画面を華やかにすることができますし、視覚的に相手とのコミュニケーションを楽しいと感じさせることもできます。そんな中で、そういったものを一切使用しなければなんとも味気ないやり取りになってしまいます。文字だけではどうしても冷たい印象を与えてしまいますので注意が必要です。

2.既読スルーをしてしまう

 LINEをやっていて一番相手に不快感を与えてしまうのは既読スルーですよね。たとえ緊急性がないようなメッセージだとしても、既読しているのに返信がないというのは相手にさみしい思いをさせてしまいます。忙しい時でも簡単なメッセージぐらいは返すようにしましょう。

3.長文を送ってしまう

 LINEの特性上、長文のメッセージはかなり読みにくいものです。やはり、LINEは短いメッセージをテンポよく交換していくのがいいでしょう。相手の立場に立って読みやすい内容を送るように心がけましょう。

関連するまとめ

東京都内でまったりできるデートスポット!!

忙しい日々が続き、休日はダラダラと過ごすデートがしたいと思うことはありませんか? 今回まったりできる、デート…

ハムスター

『もう大好き!』年下彼女から愛される男になる3つのテク

年下女性からもっと愛される男になりたい! そう思ったなら、素敵なテクを身に付けましょう。 どんなテクを身に付…

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング