現在、巷では様々な勉強の必勝法が叫ばれていますが、最適な勉強法というのは、もちろん個人によって異なるため、万人に通じる最適かつ具体的な勉強方法というものは存在しません。しかし、旧帝大等の難関大学に合格するための、勉強方法(メソッド)ではなく、過程(プロセス)、つまりどの時期に何をするべきかは、決まりきっています。
今回は、理系で難関国公立大学に合格するためのプロセスをご紹介します。

理系の国公立大学に合格するためには、基本的には、センター試験で国語、理科(二科目)、社会、数学、英語(筆記とリスニング)、2次試験で英語、数学、理科(二科目)が必要となりますが、まず取り組むべきなのが数学と英語です。なぜなら、数学と英語がすべての教科のなかで最も時間を要するからです。そして次に時間を要するのが、理科(二科目)、その次が残りの文系科目です。

次に、どの時期に何をするべきかを述べます。
高校1年〜3年の始め→英語、数学
高校2年の二学期〜受験→理科(二科目)
高校3年の夏〜センター試験→残りの文系科目
勿論、この期間以外は全く勉強すら必要がないというわけではありません。勿論、勉強した内容を忘れてしまわないように、ある程度の復習が必要となります。
この記事を参考に、高校生の皆さんは是非難関大学に合格してください。

関連するまとめ

子どもが大きくなっても大丈夫!大きなサイズの紙おむつ3選

20㎏以上の子どもでも使える、大きなサイズの子ども用紙おむつについてまとめました。

暮らし生活の知恵

京都で合格祈願なら北野天満宮で決まり!!

北野天満宮は、地元の人たちには「天神さん」と呼ばれ、多くの人たちに親しまれている神社です。 北野天満宮は、全…

flower

小学校1年生は疲れてる・・・疲れから解放する3つの方法

小学校に入学したお子さん。 そろそろ、疲れが溜まってきている頃ではないでしょうか? 今回は、そんなお子さんを…

暮らし生活の知恵

関連するキーワード

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング