現在、巷では様々な勉強の必勝法が叫ばれていますが、最適な勉強法というのは、もちろん個人によって異なるため、万人に通じる最適かつ具体的な勉強方法というものは存在しません。しかし、旧帝大等の難関大学に合格するための、勉強方法(メソッド)ではなく、過程(プロセス)、つまりどの時期に何をするべきかは、決まりきっています。
今回は、理系で難関国公立大学に合格するためのプロセスをご紹介します。

理系の国公立大学に合格するためには、基本的には、センター試験で国語、理科(二科目)、社会、数学、英語(筆記とリスニング)、2次試験で英語、数学、理科(二科目)が必要となりますが、まず取り組むべきなのが数学と英語です。なぜなら、数学と英語がすべての教科のなかで最も時間を要するからです。そして次に時間を要するのが、理科(二科目)、その次が残りの文系科目です。

次に、どの時期に何をするべきかを述べます。
高校1年〜3年の始め→英語、数学
高校2年の二学期〜受験→理科(二科目)
高校3年の夏〜センター試験→残りの文系科目
勿論、この期間以外は全く勉強すら必要がないというわけではありません。勿論、勉強した内容を忘れてしまわないように、ある程度の復習が必要となります。
この記事を参考に、高校生の皆さんは是非難関大学に合格してください。

関連するまとめ

立っているだけで辛い!妊娠中の腰痛の原因とは!?

妊娠中に引き起こる腰痛。ただでさえ妊娠中は辛いことが多いうえに、腰痛までとなると本当に大変ですよね。 今回は…

筆人

子供たちに是非身につけて欲しいスキル!語学、音楽、運動

「文武両道」という言葉がありますが、ぜひこれに「音楽」も付け加え、幅広いスキルを身につけた子供に育てましょう…

暮らし生活の知恵

決め手はなに?親子に合った幼稚園の選び方

3歳から5歳の可愛い我が子の為の幼稚園選び!!

関連するキーワード