妊娠中の浮腫みの原因

妊娠中に浮腫みやすくなる原因に、お腹に宿った赤ちゃんへ栄養を送るため、血液量が増えることが挙げられます。血液に含まれる水分が皮下組織に漏れ出て、滞留することで浮腫みが発生するのです。他には、偏った食事バランスによる塩分摂取過多や運動不足、マタニティブルーなどからくるストレスなども原因の一つです。

妊娠中に浮腫みやすい人

浮腫みは、実に妊婦さんの30%の方に起こると言われております。そんな妊婦さんの中でも浮腫みやすい人、浮腫みにくい人とがいるようです。
運動不足にも起因するのですが、長時間同じ姿勢になりがちな人は要注意です。どうしても妊娠中でお腹が大きくなり、身体を動かすことが億劫になりますが、適度に身体を動かすようにしましょう。

妊娠中の浮腫みに潜む危険性

単なる浮腫みと考えていると危険な場合もあります。実は腎機能の働きが悪いために浮腫みが起こっている可能性もありますので、心配であれば医師への相談をおススメします。
また、浮腫みを太ったと勘違いしストレスを感じてしまう方がいます。そのストレスが原因で浮腫みが出る悪循環に陥りますので、やはり医師に相談をして安心を得ることが解消のポイントと言えるでしょう。

まとめのことば

いかがでしたでしょうか。
どうしてもおなかの赤ちゃんの成長のために母体の血液量は増え、浮腫みやすくはなってしまうので、あまり気にし過ぎないことも大切です。
ただし、単なる浮腫み、と考えていると大事に至る可能性もありますので、かかりつけの主治医に相談をし、少しでもストレスと無縁な安心したマタニティライフを送るようにしてくださいね。

関連するまとめ

「ノート提出のため」にノートを取ることは無駄でしかない!

「ノート提出のため」にノートを取ることは無駄でしかない!その理由をまとめました。

スカッとじゃぽん

受験生必見!大学受験の有名三大予備校を比較

全国には数多くの予備校がありますが、実績やノウハウを考えるとやっぱり大手の予備校が安心ですよね。今回は、日本…

あり

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング