国民皆保険制度

日本は国民皆保険制度により、いざという時の保障を国民全員が受けることができます。
一つは、ご存知の健康保険証です。病院の受付で提示すると、かかった治療費が三割負担に減額されますよね。
もう一つは『高額療養制度』です。先の健康保険証の三割負担でも、入院手術となると非常に高額な負担がのしかかってきます。しかし、この高額療養制度があるおかげで、一定の上限額を超えての治療費負担をする必要はなくなります。

貯蓄で対応

確かに、医療保険はいざ言う時に非常に有効な手段ではあります。しかし、全く使わなければ、ただ散財しているのと一緒です。安心を買っているんだ、という声もあるでしょうが、それは保険料分を貯蓄に回して確実にお金が手元で増えていく方がより安心感が高まる人もいるはずです。しかも、現金で手元にあれば、病気やケガ以外の不測の事態にも備えることができます。

医療保険の対象外となる可能性

万が一に備えた保険なのに、いざという時に使えなかった、なんて声もよく聞きますよね。それは、保障の対象外になる場合も当然あるということです。また、入院するまでもない病気やケガでも使うことができません。それであれば最初から貯金で対応したほうが良かった、ということになるわけです。

まとめのことば

いかがでしたでしょうか。もちろん、専門家の意見でも保険の必要性の有無は分かれるところです。また、貯蓄が苦手な人もいるかと思います。ご自身の生活状況に合わせて保険と付き合うようにしましょう。

関連するまとめ

あなたはどっち?世界に見る犬派&猫派事情

アジアや南米、オーストラリアは猫より犬が多く飼育されているみたいです。 スペイン・ポルトガル・アイスランドを…

flower

在宅ワークの現実!!

在宅ワークとはどんなものがあるでしょうか。思い浮かぶのは内職ですが、最近は、パソコンでデータ入力といったもの…

flower

妊娠中に気を付けろ!多くの妊婦さんが悩む妊娠線

妊娠しているときは実に様々なことに悩まされます。その一つが『妊娠線』といわれるものです。ひび割れのような、縞…

mino

関連するキーワード

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング