予防・対策時期

妊娠線は妊娠5か月頃の安定期に入る、お腹が大きくなり始める時期にリスクが高まります。もちろん、早めに予防・対策することが一番良いのですが、せめてお腹が大きくなり始める妊娠中期頃までには予防・対策を行っていきましょう。

それでは、次に予防・対策法について具体的に見ていきましょう。

予防・対策法1

急激にお腹が大きくなる妊娠中期に発生しやすい妊娠線。そのため、妊娠以外でお腹が大きくなることも防ぐ必要があります。
妊娠中って甘い物がとても食べたくなる時期ですよね。食べても食べても食欲が収まらないこともあるでしょう。しかし、体重増加は妊娠線の原因となります。体重増加による妊娠線を防ぐため、日ごろより体重管理に努めましょう。ただし、激しい運動は厳禁ですので、軽いお散歩やマタニティヨガなど軽めの運動で体重管理をしてくださいね。

予防・対策法2

妊娠線は乾燥肌の人に非常に出やすいため、肌の保湿ケアがポイントになります。カサつきの気になる部分には妊娠線予防クリームを塗布し、しっかりと潤いをキープしておきましょう。また、内側からの水分補給も忘れずに、小まめに適度な水分摂取もすると良いですね。

まとめのことば

残念ながら、一度できた妊娠線を完全に消すことはできません。そのため予防が大切であり、また既に妊娠線ができてしまっている人はそれ以上できてしまわないための対策が重要になってきます。
妊娠線ができて増えてしまうと、気持ちが滅入ってしまうものです。気持ちの良いマタニティライフを送るため、今回の記事を参考に、ぜひスキンケアに努めてくださいね。

関連するまとめ

保護者からみた学校の先生についての評価の仕方

近年、学校の教師について、とりわけ小学校の教師の質について取沙汰されています。しかし、本当に公立の小学校は子…

あり

実は深刻!小学生以降に起こる「赤ちゃん返り」

弟や妹など、年下のきょうだいが出来ると、幼児期の年上の子に起きることがよくある「赤ちゃん返り」。でも、小学校…

マトリックス

普通科だけではない!高校選びの重要性とは

ほとんどの子供が進学する事になる高校。小学校、中学校と公立に通わせていた家庭にとって初めての学校選び。そして…

ハムスター

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング